ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 是正指導について(学校運営に係る校長自己診断票集計結果)

是正指導について(学校運営に係る校長自己診断票集計結果)

1 学校運営に係る校長自己診断票

  • 趣旨: 文部科学省から是正指導を受けた3年間の中で残された課題について,是正の取組みを継続し,県内全ての公立学校における是正の定着と内実化を図るとともに,各校長が自己診断することを通して,自校の課題を明確にし,校長や市町村教育委員会の主体的な学校運営を促す。
  • 診断対象期間: 平成12年5月1日から平成13年4月30日までの各学校の状況
  • 診断内容: 残された課題について,教育内容,管理運営両面から詳細の項目を設定
  • 診断方法: 校長が各項目について,「課題がある」「一部課題がある」「課題がない」の3段階で自己評価を行った。

2 集計結果

(1)多くの学校が課題とした項目

【小学校】全公立学校数 623校

項目

課題のある学校

一部課題のある学校

合計

・児童が国歌「君が代」を歌うことができるようになっている。

 0.2%
(1校)

14.4%
(90校)

14.6%
(91校)

・年間(各教科等)の標準授業時数を確保できている。

 0.0%
(0校)

 8.2%
(51校)

 8.2%
(51校)

・運営委員会・企画委員会等を設置・活用し,円滑に運営している。

3.4%
(21校)

6.3%
(39校)

9.6%
(60校)

・主任制が機能し,円滑かつ組織的な学校運営ができている。     

 0.3%
  2校)

14.1%
(88校)

14.4%
(90校)

・主任手当拠出の問題性について,教職員が十分理解していると思われる。     

 2.1%
(13校)

20.5%
(128校)

22.6%
(141校)

・学校要覧や学校のホームページにより学校教育目標・教育 計画・校務運営組織(主任等の明記)などを広く公開している。

 2.9%
(18校)

13.2%
(82校)

16.1%
(100校)

・教育センターなどの教職員研修に積極的に参加させている。 

0.5%
(3校)

5.3%
(33校)

5.8%
(36校)

*図中の各項目における%は,全小学校数に対する割合を百分率で示している。

【中学校】全公立学校数 252校

項目

課題のある学校

一部課題のある学校

合計

・卒業式・入学式における国歌斉唱時に児童生徒が起立して 斉唱するよう指導した。

0.0%
(0校)

5.6%
(14校)

5.6%
(14校)

・道徳の年間指導計画を作成し,全ての内容項目を指導して る。   

0.0%
(0校)

9.9%
(25校)

9.9%
(25校)

・全ての学級において,道徳の年間の標準授業時数を確保している。      

0.4%
(1校)

15.9%
(40校)

16.3%
(41校)

・年間(各教科等)の標準授業時数を確保できている。          

 1.6%
(4校)

38.5%
(97校)

40.1%
(101校)

・指導に役立つ指導要録の適正な記入がなされている。          

0.0%
(0校)

9.1%
(23校)

9.1%
(23校)

・主任制が機能し,円滑かつ組織的な学校運営ができている。     

0.0%
(0校)

10.7%
(27校)

10.7%
(27校)

・主任手当拠出の問題性について,教職員が十分理解してい ると思われる。    

 1.6%
(4校)

22.6%
(57校)

24.2%
(61校)

・学校要覧や学校のホームページにより学校教育目標・教育計画・校務運営組織(主任等の明記)などを広く公開している。

 1.2%
(3校)

11.5%
(29校)

12.7%
(32校)

・教育センターなどの教職員研修に積極的に参加させている。

0.0%
(0校)

6.7%
(17校)

6.7%
(17校)

*図中の各項目における%は,全中学校数に対する割合を百分率で示している。

(2)課題のある項目が多い市町村

大野町,川尻町,豊町,筒賀村,千代田町,豊平町,甲田町,尾道市,大崎町,府中市,沼隈町,福山・沼隈広域行政組合,新市町,三次市,総領町,甲奴町,比和町

【高等学校】全公立学校数 130校(課程別:本分校別に1校として集計している。) 

(1)多くの学校が課題とした項目 

項目

課題のある学校

一部課題のある
学校

合計

・卒業式・入学式における国歌斉唱時に教職員全員が起立した。   

2.3%
(3校)

16.9%
(22校)

19.2%
(25校)

・卒業式・入学式における国歌斉唱時に生徒が起立して斉唱 するよう指導した。 

2.3%
(3校)

13.8%
(18校)

16.2%
(21校)

・年間(各教科・科目等の1単位当たり)の標準授業時数を確保できている。                               

3.1%
(4校)

42.3%
(55校)

45.4%
(59校)

・指導に役立つ指導要録の適正な記入がなされている。          

1.5%
(2校)

14.6%
(19校)

16.2%
(21校)

・出張や普通研修等にかかる事前手続き(命令等),事後手続き(復命等)の事務処理は遅延することなく適正に処理されている。                            

0.0%
(0校)

15.4%
(20校)

15.4%
(20校)

・勤務時間の割振りに当たっては,休憩・休息を適切に配置している。                             

0.0%
(0校)

28.5%
(37校)

28.5%
(37校)

・運営委員会・企画委員会・校務運営会議等を設置・活用し,円滑に運営している。          

1.5%
(2校)

16.2%
(21校)

17.7%
(23校)

・職員会議の司会進行について,教頭または主任等が行い,「司会の輪番制」や取り扱う事項を整理する「議長団」の編成などはしておらず,適正に行われている。                             

3.1%
(4校)

19.2%
(25校)

22.3%
(29校)

・主任制が機能し,円滑かつ組織的な学校運営ができている。                    

1.5%
(2校)

23.1%
(30校)

24.6%
(32校)

・主任手当拠出の問題性について,教職員が十分理解していると思われる。          

8.5%
(11校)

47.7%
(62校)

56.2%
(73校)

・学校要覧や学校のホームページにより学校教育目標・教育計画・校務運営組織(主任等の明記)などを広く公開している。 

0.0%
(0校)

15.4%
(20校)

15.4%
(20校)

・教育センターなどの教職員研修に積極的に参加させている。              

0.8%
(1校)

14.6%
(19校)

15.4%
(20校)

・高等学校教育研究会の活動に,積極的に参加させている。                

0.8%
(1校)

53.1%
(69校)

53.8%
(70校)

* 図中の各項目における%は,全高等学校数に対する割合を百分率で示している。

(2) 課題のある項目が多い学校

福山誠之館(定),海田(定),可部,向原,松永,松永(定),庄原格致(高野山),東城,日彰館,自彊(定),三和,安西,西,広島工業,三次青陵,本郷工業,尾道商業,西城紫水,因島,因島(定)

【盲・ろう・養護学校】全公立障害児学校数 23校(分校・分級・分教室も1校として集計している。)

(1)多くの学校が課題とした項目

項目

課題のある学校

一部課題のある学校

合計

・卒業式・入学式における 国歌斉唱時に児童生徒が起立して斉唱するよう指導した。

 8.7%
(2校)

21.7%
(5校)

30.4%
(7校)

・道徳の 年間指導計画を作成し,全ての内容項目を指導している。 

 4.3%
(1校)

26.1%
(6校)

30.4%
(7校)

・小学部の音楽で学習指導要領に則った国歌「君が代」の指導ができている。    

 4.3%
(1校)

26.1%
(6校)

30.4%
(7校)

・年間指導計画を作成し,それに基づいて 国歌「君が代」の指導がなされている。    

 4.3%
(1校)

30.4%
(7校)

34.8%
(8校)

・児童が国歌「君が代」を歌うことができるようになっている。

26.1%
(6校)

47.8%
(11校)

73.9%
(17校)

・指導に役立つ指導要録の適正な記入がなされている。

0.0%
(0校)

47.8%
(11校)

47.8%
(11校)

・勤務時間の割振りに当たっては,休憩・休息を適切に配置している。                             

 4.3%
(1校)

43.5%
(10校)

47.8%
(11校)

・運営委員会・企画委員会・校務運営会議等を設置・活用し,円滑に運営している。          

 4.3%
(1校)

34.8%
(8校)

39.1%
(9校)

・職員会議の司会進行について,教頭または主任等が行い,「司会の輪番制」や取り扱う事項を整理する「議長団」の編成などはしておらず,適正に行われている。                     

 8.7%
(2校)

34.8%
(8校)

43.5%
(10校)

・主任制が機能し,円滑かつ組織的な学校運営ができている。 

4.3%
( 1校)

30.4%
(7校)

34.8%
(8校)

・校務分掌のすべての部に対応した主任等を命課している。

 4.3%
( 1校)

26.1%
(6校)

30.4%
( 7校)

・学校要覧や学校のホームページにより学校教育目標・教育計画・校務運営組織(主任等の明記)などを広く公開している。                   

 8.7%
( 2校)

34.8%
(8校)

45.3%
(10校)

・教育センターなどの教職員研修に積極的に参加させている。             

0.0%
( 0校)

34.8%
(8校)

34.8%
( 8校)

・盲・ろう・養護学校教育研究会の活動に,積極的に参加させている。

17.4%
( 4校)

56.5%
(13校)

73.9%
(17校)

*図中の各項目における%は,盲・ろう・養護学校全学校数に対する割合を百分率で示している。

(2)課題のある項目が多い学校

広島ろう,広島ろう(呉),廿日市養護,沼隈養護,黒瀬養護

3 県教育委員会としての今後の対応 

  • 市町村教育委員会及び学校に対して,ヒアリングを実施し,是正の徹底を図る。
  • 県立学校については,校長自己診断票の結果を公開する。市町村立の学校について

   は,公開をするよう市町村教育委員会を指導する。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。