ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島がん高精度放射線治療センターの状況(平成27年10月~平成30年5月)

印刷用ページを表示する掲載日2018年6月8日

 広島がん高精度放射線治療センター(ハイプラック HIPRAC)の平成27年10月(開設時)から平成30年5月までの治療患者の実績については,次のとおりです。

 

1 実績の概要

○ 乳がん,前立腺がん,脳腫瘍,肺がんの患者が全体の約7割を占めています。(図1)
 【乳がん35%,前立腺がん22%,脳腫瘍7%,肺がん7%】

○ 高精度な放射線治療を全国的に見ても高い割合で行っています。(図2)
 【高精度放射線治療の割合:HIPRAC 53.7%,平成24年の全国平均 13.9%】

○ HIPRACで治療を受けた患者数は,増加傾向にあります。
 【「3 月別新規患者数」のとおり】

2 新規治療患者数実績(初診ベース)

平成27年10月~平成30年5月までの実績による表1,図1・2

3 月別新規治療患者数(初診ベース)

月別新規治療患者数の目標・実績・達成 表2(H27年度,H28年度)
月別新規治療患者数の目標・実績・達成 表2(H29年度,H30年度)

月別新規治療患者数の目標・実績 図3(グラフ)

 

↓ 画像をクリックするとHIPRACのホームページへ移動します。
「広島がん高精度放射線治療センター(HIPRAC)」のHPへ移動します。外部リンク

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする