このページの本文へ
ページの先頭です。

野間川(のまがわ)ダム

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

 野間川ダムは,芦田川水系御調川支川野間川の広島県三原市久井町吉田(左岸)・尾道市御調町野間(右岸)に,生活貯水池として建設するものであり,野間川総合開発の一環をなすものです。
 当ダムは,洪水調節既得取水の安定化河川環境の保全など及び水道用水の供給を目的としています。

位置図

ダムの役割

  • 洪水調節
  • 既得取水の安定化,河川環境の保全など
  • 水道用水の供給

ダム・貯水池の諸元

野間川ダム,栗湖(マロンこ)
型式 重力式コンクリートダム 総貯水容量(千m3) 560千m3
堤高(m) 32.5m 有効貯水容量(千m3) 494千m3
堤頂長(m) 114.0m 洪水調節容量(千m3) 194千m3
堤体積(m3) 22,300m3 不特定容量(千m3) 177千m3
集水面積(km2) 4.4km2 都市用水容量(千m3) 123(上水)千m3
湛水面積(km2) 0.06km2    

航空写真
野間川ダム航空写真

ダウンロード

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする