このページの本文へ
ページの先頭です。

今後の法面対策のあり方検討会

印刷用ページを表示する掲載日2019年12月11日

今後の法面対策のあり方検討会

『一般国道191号道路法面崩壊検討会』で検討してきたことを踏まえ,広島県の道路法面における当面の対策及び中・長期的な対策について検討するため,『今後の法面対策のあり方検討会』を設置しており,検討会の実施状況及び検討内容は次のとおりです。

規約・委員名簿

検討会

<第一回検討会>
日時:令和元年6月12日(水曜)
10時30分~11時30分
検討会会場:広島県庁 北館4階 第二委員会室
内容:今後の法面対策のあり方検討に係る検討方針について,斜面の危険度評価の進め方について
・次第 (PDFファイル)(14KB)
・検討会資料 (PDFファイル)(1016KB) ・開催結果 (PDFファイル)(99KB)

<第二回検討会>
日時:令和元年9月13日(金曜)
(現地調査)10時30分~12時30分(検討会)13時15分~14時30分
検討会会場:広島県西部建設事務所安芸太田支所
内容:斜面の危険度評価結果について,今後の法面整備方針及び点検・監視の方向性について
・次第 (PDFファイル)(15KB)
・検討会資料 (PDFファイル)(2.75MB) ・開催結果 (PDFファイル)(97KB)

<第三回検討会>
日時:令和元年12月2日(月曜)
13時30分~15時00分
検討会会場:広島YMCA本館408号室
内容:対策が必要と判断された箇所の整備方針について,点検・監視体制の強化について,適切なソフト対策の併用について
・次第 (PDFファイル)(16KB)
・検討会資料 (PDFファイル)(1023KB) ・今後の法面対策のあり方に関する提言 (PDFファイル)(49KB) ・開催結果 (PDFファイル)(795KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする