ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

宇品橋(うじなばし)

印刷用ページを表示する掲載日2015年3月11日
宇品橋

諸元

路線広島市道(鷹野橋宇品線)
所在地広島市南区宇品西~広島市中区南千田西町(京橋川)
完成平成12年3月
橋長208.0m
最大支間長60.0m
設計荷重B活荷重
上部工形式4径間多主構連続鋼床版パイプアーチ橋
有効幅員23.0m
車道幅員13.0m
歩道幅員7.0m
桁下高さ(航路)6.5m
管理者広島市

広島の水辺に潤いを与えるランドマーク橋

 宇品橋は,広島市都心部と広域拠点である宇品・出島地区,さらには広島高速3号線を結ぶ,幹線道路の一部として,広島湾の玄関口となる元安川・京橋川の合流点を跨ぐ橋である。

 架橋地点の立地条件から,「海の玄関口に向かうゲート性」「周辺環境との調和」「都市のランドマーク」を設計コンセプトに選定された形式は,渡河部の4径間連続パイプアーチ橋と陸上部の単弦ローゼ橋を主橋梁に持ち,かつ滑らかな平面縦断線形とも相まって,極めて優雅で近代的な景観を形成している。

 このうち渡河部は,我が国で初めて採用された多径間多主構鋼パイプアーチ橋であり,水面を弾むような軽快感とパイプの丸みは,都市部の景観にも良く調和し,広島の海の玄関口におけるランドマークとして人々の心を和ませる魅力を持っている。

 施工では,アーチと桁の応力伝達についての工夫や,広島のデルタ地帯特有の軟弱地盤対策,パイプをアーチ状に曲げ加工する技術など様々な課題を克服しており,この形式の設計施工技術の発展に大きく貢献している。

受賞履歴

  • 平成11年度全建賞(都市部門)
  • 平成12年度田中賞(作品部門)

位置図

アクセス情報

バス

  • JR広島駅より広島バスにて,グランドプリンスホテル方面行き「南千田西町」バス停下車,徒歩200m

お車

  • 広島高速3号線宇品ランプより,約3km,約6分

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする