ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

宇品大橋(うじなおおはし)

印刷用ページを表示する掲載日2015年3月11日
宇品大橋

諸元

路線広島高速3号線
所在地広島市南区仁保新町~広島市南区宇品海岸
完成平成12年3月19日(供用開始)
橋長550.0m
最大支間長270.0m(鋼桁橋では国内最大)
設計荷重B活荷重
上部工形式3径間連続鋼床版箱桁(単弦アーチ補剛)
最大桁高8.5m(補剛アーチライズ21.0m)
有効幅員17.5m
車道幅員14.0m
桁下高さ(航路)30.2m
管理者広島高速道路公社

広島のベイエリアを彩るランドマーク

 宇品大橋は,広島の臨海地域を東西に貫く広島高速3号線の一部であり,南の広島大橋・東の海田大橋を接続する仁保JCTからは西側に位置する橋である。

 上部工形式は,我が国で初めての採用となる単弦アーチ補剛連続箱桁であり,見た目にはアーチ橋と間違えそうであるが桁橋の部類に属する。

 また,桁橋としてはこれまで海田大橋が我が国最長であったが,これを上回る中央径間270mとなり国内記録を更新し,鋼桁橋としては世界第3位の規模を誇る。

 この形式を実現するための耐風安定性や単弦アーチの構造性及び,上部工を支える下部工については,広島湾の軟弱地盤上での耐震安定性や圧密沈下についてなど,また施工にあたっての周辺施設との近接施工の問題など,多くの課題に対し「宇品大橋(仮称)技術検討委員会」を設置して慎重な検討を行なった。

 架橋地点は,自動車メーカーの工場敷地や港湾施設などに囲まれており,なかなか近くで眺めることができない場所であるが,背後にそびえる黄金山からは,宇品大橋をはじめ広島のベイエリアと,遠くには宮島をも一望でき,美しいアーチに補剛された伸びやかな桁橋は,地域のランドマークとして多くの人々に親しまれている。

受賞履歴

  • 平成11年度田中賞(作品部門)
  • 平成11年度全建賞(道路部門)

位置図

アクセス情報

お車

  • 広島高速2号線仁保ランプより,仁保JCT経由,約2km,約2分
  • 広島高速3号線宇品ランプより,約1km,約1分

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする