ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

音戸大橋(おんどおおはし)

印刷用ページを表示する掲載日2015年3月11日

  音戸大橋

諸元

路線一般国道487号
所在地呉市警固屋~呉市音戸町(音戸ノ瀬戸)
完成昭和36年12月3日(供用開始)
橋長172.0m(主橋梁) 434.0m(音戸側取付高架橋)
最大支間長114.88m
設計荷重1等橋 TL-20
上部工形式ランガー橋
アーチライズ17.0m
有効幅員6.0m(主橋梁) 9.5m(音戸側取付高架橋)
車道幅員5.5m
桁下高さ(航路)23.5m
塗装色朱赤
管理者広島県

難題克服の奇策!我が国初の2層半螺旋型高架橋

 音戸ノ瀬戸は,その昔,かの平清盛公が厳島神社へ参詣するため,沈む夕日を金の扇で招き返し,一日で切り開いたとされる「日招き伝説」の残る地である。

 幅およそ200mの狭い海峡を航行する船舶は,架橋当時1日約700隻を数え,その間を縫うように渡船が1日250往復し,6000人と自転車以上の車両2000台を運んだとされ,その様は「瀬戸内銀座」とも例えられるほど混雑していた。

 こうした状況から昭和31年に「架橋促進期成同盟」が結成され,昭和35年より当時の日本道路公団の有料道路として,瀬戸内海では初めてとなる本土と離島間の架橋事業が始まった。 

 音戸大橋の建設にあたっては,狭小な音戸側用地の制約と1000t級の大型船舶が航行できる桁下高さの確保が課題であった。

 このため音戸側は,世界でも珍しく我が国では初めてとなる「2層半螺旋型高架橋」フィギュアスケートで例えれば「ダブルアクセル」)を,また,警固屋側も地形を上手く利用したループ式道路を採用することで,狭小な用地内で桁下高さ23.5mを稼ぐという,一石二鳥の画期的な方法で課題の解決を図ることとなった。

 この前例のない高架橋の設計にあたっては,通常の比較検討に加え,円形と長円形の実物大の平面走路を作製し,運転のし易さなどを検証した結果,円形高架橋を採用した。

 渡海部は航路を橋脚で狭めることがないよう,音戸ノ瀬戸の最狭部をひと跨ぎする箇所とし,主径間を116mとした上で,架設可能な工法を,鋼橋のランガー形式とPC橋の片持ち式架設工法の2案に絞ったがいずれにも決め難く,設計付き入札を実施し,工事費のみならず維持費を含めた検討を行なった結果,ランガー形式に決定した。なお,ランガー形式の道路橋としては当時我が国最長となるものであった。

 現在の技術であれば,起重機船により海上から一括架設する方法が考えられるが,当時はまだそのような船や技術もない時代であったため,長期間にわたる架設により航路に影響を及ぼさないように,ケーブルエレクションによる施工であった。

 塗装色は,清盛公が音戸ノ瀬戸を通って厳島神社に参詣したとの伝説より,大鳥居の色に合わせて「朱赤」にしたとも言われており,建設後半世紀以上を経た現在も,県内屈指の観光地「音戸の瀬戸」の象徴的な光景として親しまれている。

 昭和36年12月3日の開通式では5万人が「夢の架け橋」の完成に熱狂し,以後島民の生活スタイルは大きく変化していくこととなる。

 昭和49年7月に未償還分の金額を広島県が補填し,8月1日より無料化されて以降は広島県が管理している。

受賞履歴

  • 昭和36年度全建賞(道路部門)

パンフレット

位置図

アクセス情報

バス

  • JR呉駅より広電バスにて,昭和町経由・音戸の瀬戸方面行き,「音戸渡船口」バス停下車,徒歩約500m
  • JR呉駅より広電バスにて,昭和町経由・見晴町行き,「音戸大橋上」バス停下車,徒歩約700m

お車

  •  広島呉道路(クレアライン)呉ICより,約8km,約20分
Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする