ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

中の瀬戸大橋(なかのせとおおはし)

印刷用ページを表示する掲載日2015年3月11日
中の瀬戸大橋 

諸元

路線大崎下島広域農道
所在地呉市豊町(平羅島~中の島)(中ノ瀬戸)
完成平成10年10月6日(供用開始)
橋長251m
最大支間長192.8m
設計荷重1等橋 TL-20
上部工形式ニールセンローゼ橋(バスケットハンドル型)
アーチライズ30.0m
有効幅員8.0m
車道幅員5.5m
歩道幅員1.5m
桁下高さ(航路)21.5m
塗装色ライトグレー
管理者呉市

かんきつの島を結ぶ夢のアーチ橋 

 中の瀬戸大橋は,広島県の「大崎下島地区広域営農団地農道整備事業」により架設した橋であり,安芸灘諸島連絡架橋としては,本州より数えて6番目の橋となる,通称「安芸灘6号橋」である。

 先に施工された隣接の岡村大橋と比較すると,橋長・最大支間長は本橋のほうがやや大きく,橋脚が両岸にあるところに違いがあるが,橋梁形式や設計・施工条件はほぼ同じである。

 このため岡村大橋とは,2つ並んだアーチ橋のようであり,大崎下島を舞台にしたアニメ映画「ももへの手紙」の劇中では,瀬戸内の島々の美しい風景とともに,モデルとなった2橋がしばしば登場している。

 中の瀬戸大橋の完成により,大崎下島から岡村島を結ぶ「安芸灘オレンジライン」が開通し,特産品である「大長みかん」など,かんきつ類の栽培や流通を支える経路が確保されたのである。

位置図

アクセス情報

お車

  • 東広島呉自動車道阿賀ICより,安芸灘大橋有料道路経由,約34km,約70分

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする