このページの本文へ
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

長島大橋(ながしまおおはし)

印刷用ページを表示する掲載日2015年3月11日
長島大橋 

諸元

路線大崎上島町道(長島大橋線)
所在地豊田郡大崎上島町~豊田郡大崎上島町長島
完成昭和62年3月
橋長402.0m
最大支間長200.0m
設計荷重2等橋 TL-14
上部工形式3径間連続下曲弦プラットトラス橋
最大構高26.0m
有効幅員7.0m
車道幅員6.0m
桁下高さ(航路)25.0m
管理者大崎上島町

 発電所建設のために架けられた橋

 長島大橋は,広島県の瀬戸内海中部に位置する大崎上島と,その離島である長島を結ぶ渡海橋である。

 長島では,全国的にも珍しい島嶼部の発電所が建設されており,電力会社が建設した大規模橋梁を地元自治体へ譲渡し,現在は大崎上島町道の橋として管理されている。

 下部工は,鋼製ケーソン直接基礎壁式躯体橋脚を施工しているが,施工場所が漁業資源の豊富な瀬戸内海国立公園内であるため,水質汚染防止と深夜作業禁止に対処するため,断続施工が可能な特殊水中コンクリートが採用されており,そのコンクリート量約8200m3は建設当時国内最大規模となるものであった。

 位置図

アクセス情報

お車

  • 安芸津港から大西港までフェリーにて,約35分,下船後車で約5分
  • 竹原港から白水港または垂水港までフェリーにて,約25分,下船後車で約20分

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする