このページの本文へ
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

八田原大橋(はったばらおおはし)

印刷用ページを表示する掲載日2015年3月11日

八田原大橋

夢吊橋とのツインランドマーク

 八田原大橋は,八田原ダムの建設に伴う付替県道の一部として架けられた斜張橋である。

 径間割りの関係で,左右の側径間長が60m近くアンバランスとなったため,A2側径間の桁内にカウンターウェイトとしてコンクリートを充填し,荷重バランスを取っている。

 1主塔2径間タイプの斜張橋としては,このアンバランスが景観的な良いアクセントともなっており,見る位置によっては非常に印象的な姿となる橋梁でもある。

 八田原ダムでは,世界一の吊床版橋である「夢吊橋」のほうが有名であるが,八田原大橋と夢吊橋の2つの橋が一体となって,地域のランドマークとして周囲の自然環境にも調和しているのである。

位置図

アクセス情報

お車

  • 中国横断自動車道尾道松江線世羅ICより,約13km,約25分

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする