このページの本文へ
ページの先頭です。

県民参加の森づくり活動を始めませんか

印刷用ページを表示する掲載日2019年12月20日

地域の森林を手入れしませんか

 森林を健全な状態に保つためには,継続的な森林の手入れが必要です。
 皆さん一人ひとりが,小さな森づくり活動をすることで,健全な森林が維持できます。
 大きな木の伐採は,業者や森林組合に任せて,小さな木や竹,ツタ,倒れた木などを伐採・整理することから始めましょう。それだけでも林内が明るくなり,見違えるようになります。
 県民全体で森林を健全な状態で次世代に引き継いでいくために,地域の森林を守る活動をしてみませんか。
 地域の森林の手入れ作業 

安全に作業するためには

 無理なく楽しめる程度の作業にしましょう。
 森林の中での作業は,きれいな空気の中,ストレス発散などの効果がある一方,転倒や滑落,ハチやマムシなどのリスクが伴いますので,一人ではなく,グループで作業をしましょう。
 特に注意が必要なのは,木を切る作業には自分にも周りにも危険が伴うということです。
 まずは,安全に作業するための研修を受けることをお勧めします。
伐採研修 受け口の研修

初心者を対象とした安全研修を開いています

 広島県安芸高田市の「ひろしま森づくり安全技術・技能推進協議会」は,年間を通して,森づくり活動に必要な技術や知識全般の研修会・講習会を開催している団体です。
 全くの初心者から,日常からチェーンソーを使用している上級者まで,各段階に応じた研修会や講習会などを開いていますので,お気軽に問い合わせてみてください。
 ヘルメットなどの道具はお貸しできます。見学だけでも大歓迎です。
 詳しくは,次のホームページをご覧ください。
ひろしま森づくり安全技術・技能推進協議会ホームページ : http://hiromorian.org/#
薪割り研修 屋内での研修

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする