このページの本文へ
ページの先頭です。

広島県乳用牛及び広島和牛改良目標

印刷用ページを表示する掲載日2020年11月9日

広島県乳用牛及び広島和牛改良目標(平成30年3月策定)

乳用牛の改良目標

1 能力等の目標 
現在の乳量及び乳成分率の維持を図りつつ,初産月齢の早期化を推進する。

能力に関する目標数値(平均)
区分 品種 乳量 乳脂率

無脂乳
固形分率

乳蛋白
質率
初産
月齢

現在

ホルスタイン種 9,093kg 3.71% 8.75% 3.28% 25.0か月

目標

ホルスタイン種 維持 維持 維持 維持 24.0か月

2 増殖(頭数)の目標
乳用牛の総頭数を8,800頭とし,そのうち24か月齢以上の成牛頭数を6,700頭とする。

 

広島和牛の改良目標

  

1 能力等の目標
早期に十分な体重に達し,牛肉に一定程度の脂肪交雑が入ることに加え,おいしいと評価される牛肉の生産を進める。

ア 去勢肥育牛の増体能力に関する目標数値
  肥育開始時
月齢
肥育開始時
体重
肥育終了時
体重
肥育終了時
月齢
枝肉
重量
1日平均
増体重
現在 8.7か月 299kg 767kg 27.9か月 483kg 0.80kg
目標 8.0か月 280kg 740kg 24~26か月 480kg 0.84kg
イ 去勢肥育牛の産肉能力に関する目標数値
  脂肪交雑 枝肉
重量
ロース芯
面積
ばらの
厚さ
皮下
脂肪厚
推定
歩留
肥育
月齢
現在 6.1 483kg 60.6㎠ 7.5cm 2.4cm 74.1% 27.9か月
目標 7.0 480kg 65.1㎠ 24~26か月
ウ 繁殖能力に関する目標数値
  初産月齢 分娩間隔 生産率
現在 24.7か月 13.6か月 88.2%
目標 23.5か月 12.5か月 96.0%
エ 成雌牛の体型に関する目標数値
  体高 胸深 胸幅 かん幅
現在 128.6cm 65.9cm 45.7cm 46.0cm
目標 130.0cm 68.0cm 48.0cm 47.0cm

2 増殖等の目標
肥育牛の頭数を7,540頭とする。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする