このページの本文へ
ページの先頭です。
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

死亡牛の牛海綿状脳症(BSE)検査について

印刷用ページを表示する掲載日2019年8月5日

1) 死亡牛のBSE検査体制について

有効な飼料規制及び自国内で生まれた牛のBSE発生状況などの結果から,日本は平成25年5月に国際獣疫機構(OIE)総会で「無視できるリスク」の国に認定されました。

 参考:我が国のBSEステータス認定について(農林水産省ホームページ)

  国内のBSE検査などの対応は,次のとおりです。

  1.  BSE対策の有効性の検証と有病率を把握するため,48か月齢以上の死亡牛(48か月齢以上96か月齢未満の通常の死亡牛を除く)のBSE検査を実施します。BSE検査対象(平成31年4月以降) (その他のファイル)(38KB)
  2.  死亡牛のBSE検査結果は,陽性となった場合にのみ生産者へ通知します。
  3.  牛などへの肉骨粉の給与は,飼料安全法に基づき禁止されています。

2) これまでの検査結果

検査年度

検査頭数

検査結果

陽性

陰性

平成15年度合計

868頭

0頭

868頭

平成16年度合計

899頭

0頭

899頭

平成17年度合計

732頭

0頭

732頭

平成18年度合計

780頭

0頭

780頭

平成19年度合計

694頭

0頭

694頭

平成20年度合計

659頭

0頭

659頭

平成21年度合計

711頭

0頭

711頭

平成22年度合計

684頭

0頭

684頭

平成23年度合計

691頭

0頭

691頭

平成24年度合計

635頭

0頭

635頭

平成25年度合計

616頭

0頭

616頭

平成26年度合計

632頭

0頭

632頭

平成27年度合計

337頭

0頭

337頭

平成28年度合計

440頭

0頭

440頭

平成29年度合計

422頭

0頭

422頭

平成30年度合計

456頭

0頭

456頭

※平成15年度の検査期間は平成15年5月12日から平成16年3月31日まで。
※検査対象 平成15年度から平成27年度 : 24か月齢以上の死亡牛
平成27年度から平成30年度 :  48か月齢以上の死亡牛 

3) 平成30年度検査結果(月報)

検査月

検査頭数

検査結果

陽性

陰性

4月

30頭

0頭

30頭

5月

35頭

0頭

35頭

6月

50頭

0頭

50頭

7月

57頭

0頭

57頭

 8月

60頭

0頭

60頭

 9月

36頭

0頭

36頭

10月

41頭

0頭

41頭

11月

26頭

0頭

26頭

12月

32頭

0頭

32頭

1月

37頭

0頭

37頭

2月

25頭

0頭

25頭

3月

27頭

0頭

27頭

累計

456頭

0頭

456頭

  • 死亡牛とは病気などで死亡した牛であり,検査後に焼却処分されるため,食用として市場に流通することはありません。
  • 検査機関:西部畜産事務所・西部家畜保健衛生所

参考:BSEサーベイランス結果などについて(農林水産省ホームページ

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする