このページの本文へ
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

指定保安検査機関について

印刷用ページを表示する掲載日2019年7月1日

指定保安検査機関とは

 高圧ガス保安法に定める第一種製造事業者は,同法第35条の規定に基づき定期に保安検査を受けなければなりません。
 指定保安検査機関とは,国または県から指定を受け,高圧ガス保安法第35条に規定する保安検査を行政機関と同様に実施することができる事業者です。
 県が指定し,県内で保安検査ができる事業者は次のとおりです。
 指定保安検査で保安検査を受けようとする場合は,直接,指定保安検査機関へ問い合わせてください。

広島県の指定保安検査機関指定状況(令和元年7月1日現在)

事業者名 事業所の所在地 電話番号 保安検査の区分 備考
高圧プラント検査株式会社 呉市広名田1-3-1 0823-74-1579 液化石油ガス保安規則  
ヤウチ設備工業株式会社 広島市中区広瀬北町3-30 082-292-0202

液化石油ガス保安規則

一般高圧ガス保安規則

毒性ガス及び特殊高圧ガスに係る施設を除く。

指定保安検査機関で保安検査を受けた場合の手続きについて

指定保安検査機関で保安検査を受検した場合は,保安検査受検後,事業所を管轄する県又は消防本部(局)へ「保安検査受検届書」を提出する必要があります。

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする