このページの本文へ
ページの先頭です。

広島県強靱化地域計画

印刷用ページを表示する掲載日2021年4月19日

広島県防災Web

広島県強靱化地域計画

 県土の約7割を山地が占める本県では,土砂災害警戒区域は,全国で最も多い,約4万8千箇所に及び,死者・行方不明者154 名もの甚大な被害が発生した平成30 年7月豪雨災害を始め,過去,幾度となく尊い生命が失われる災害が発生し,加えて,南海トラフ地震が発生した場合には,県内で1万数千人にのぼる死者が想定されています。

 そうした中,大規模自然災害が発生した場合でも,災害の特性に応じて,人命を最大限守り,社会経済を機能不全に陥らせず,被害の最小化を図り,迅速な復旧や創造的復興を可能とする施策に取り組むことは,国のみならず地方公共団体や民間事業者に共通する課題であり,関係者が総力を挙げて取り組むことが不可欠です。

 このため,本県では,「国土強靱化基本法」に基づき,各分野における防災・減災に関する施策の充実・強化及び重点化を図るための指針となるべき計画として,「広島県強靱化地域計画」を策定しました。

広島県強靱化地域計画(素案)に係る県民意見の募集の結果

令和3年2月12日(金曜日)~3月15日(月曜日)までの間,計画の素案に対する県民意見の募集を行い,6件(3名)の御意見をいただきました。どうもありがとうございました。

寄せられた御意見の内容と,御意見に対する県の考え方は次のとおりです。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする