このページの本文へ
ページの先頭です。

公益財団法人JKA補助事業により非接触3D表面形状測定装置を導入しました

印刷用ページを表示する掲載日2020年5月1日

このたび,生産技術アカデミーでは,公益財団法人JKA【競輪】の補助を受けて非接触3D表面形状測定装置(ブルカー・アリコナ社製インフィニートフォーカスG5)を導入しました。
本装置は微細形状を非接触で測定することができ,小型部品や工具などの3次元形状の測定が可能です。測定を希望される方は生産技術アカデミーまでお問合せください。

補助事業名 公益財団法人JKA(資金:競輪)
2019年度公設工業試験研究所等における機械設備拡充 補助事業

概要
製品や部品形状の精度は,製品品質を決定づける要素の一つであり,特に近年は品質管理が強化されており,従来の数か所の測定や面全体の大まかな(低い精度での)測定ではなく,面全体の高精度な測定が求められることが多くあります。これらのニーズに対応するため,非接触で測定物の形状(位置や高さ)を多点,かつ,高精度に測定する装置を導入しました。

製品の品質検査のための形状測定や不具合状況把握のための観察・測定,また,現物からのCADモデル作成(リバースエンジニアリング)などを迅速に行うことができます。

導入した設備
非接触3D形状計測測定装置 
ブルカーアリコナ社インフィニートフォーカス G5 XL200 with Real 3D G2
・測定方式:焦点移動法(フォーカスバリエーション)
・テーブル稼働範囲(XY):200mm×200mm
・1視野での測定範囲(XY):0.16mm×0.16mm~2.82mm×2.82mm
・測定物 最大高さ:130mm,最大質量:30kg

測定装置
内容についての問い合わせ先
生産技術アカデミー 生産システム研究部
電話番号: 082-420-0537 Fax: 082-420-0539
E-mail: sgagijutsu@pref.hiroshima.lg.jp (送信の際は@を@に変えてください。)

 

keirin JKA

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする