このページの本文へ
ページの先頭です。

パラリンピック聖火(広島県の火)の採火・集火・出立について

印刷用ページを表示する掲載日2021年8月27日

 広島県において,採火,集火,出立をし,「広島県の火」を東京に届けました。
東京に届けた「広島県の火」が,全国都道府県で採火された47の炎とストーク・マンデビルで興した火が一つになり,
東京2020パラリンピック聖火が誕生します!

広島県の採火,集火,出立の様子(大会組織委員会リンク)

「広島県の火」の採火・集火・出立について
~広島県公式Youtube アカウントで収録映像配信~
URL:https://youtu.be/MLiPFGEAUek

 広島県では,県内全23市町,特別支援学校全17校、県障害者スポーツ競技団体及びメキシコパラリンピック選手団において,多様な方法により採火された火を一つに集め,「広島県の火」とする集火を行い,その後,左手のピアニスト瀬川泰代(せがわ やすよ)さんによる出立宣言とともに,被爆ピアノの演奏の調べにより,広島県の火を東京に送り出す「出立」を次のとおり行いました。

 コロナや豪雨の影響から,観客やメディアを対象としたイベントは中止しましたが,本日,多くの方々の想いが詰まった広島県の火を関係者の方々とひとつにまとめました。

 

《出席者》

【広島県実行委員会】一般社団法人

広島県障害者スポーツ協会 山根 恒弘(やまねつねひろ)会長

【県代表者・出立者】瀬川 泰代(せがわ やすよ)さん

【聖火ランナー(県代表)】江南聖(えなみ たかし)さん

【採火主体】
[広島市代表]崎本 龍司(さきもとりゅうじ)さん

[市町代表(広島市除く)]  池田 伸彦(いけだ のぶひこ)さん

[特別支援学校代表]重岡 伸治(しげおか のぶはる)さん

[県障害者スポーツ競技団体代表]岩見 瑠海(いわみ るい)さん

[メキシコパラリンピック選手団代表]ファビオラ ラミーレスさん(オンライン参加)

《開催内容》

区 分

内 容

対応者

開 会

あいさつ

県障害者スポーツ協会山根会長

集火

・それぞれの火に込めた思いや

採火方法等の紹介

(会場でモニターで採火時の静止画を上映)

 

・「5つの火」をパラリンピックのトーチに集火し,「広島県の火」が誕生

平和の火

広島市代表

調和の火

市町代表(広島市除く)

未来の火

特別支援学校代表

飛躍の火

県障害者スポーツ競技団体代表

友好の火

メキシコパラリンピック選手団代表

出立

「パラリンピック聖火(広島県の火)」が東京へ向け出立

※瀬川さん(県代表者)が出立宣言し,被爆ピアノ演奏。

※江南さん(ランナー)の決意表明 

県代表者・出立者

聖火ランナー

記念撮影

平和公園・原爆ドームを背景に記念撮影

全員

※各代表が持ち寄った火を次のように称する 

・平和の火…広島市が平和記念公園の「平和の灯」から採火

・調和の火…県内各市町(広島市以外)で採火した火を合火

・未来の火…県内特別支援学校(全17校)で採火した火を合火

・飛躍の火…障害者スポーツ競技団体で採火した火を合火

・友好の火…メキシコパラリンピック選手団が織した火

 

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする