このページの本文へ
ページの先頭です。

東京2020パラリンピック聖火リレー「広島県聖火フェスティバル」について

印刷用ページを表示する掲載日2019年11月22日

2020年8月25日から開催される東京2020パラリンピック競技大会に先立ち,広島県内において,2020年8月13日(木)~17日(月)の間に,「東京2020パラリンピック聖火」の元となる火を県内各所で採る「採火式」や,県内各所で採火した火を集める「集火式」及び東京都で開催される全国集火式へ聖火を送り出す「出立式」(これらを総称して「広島県聖火フェスティバル」という。)を次のとおり実施します。
実施詳細につきましては,今後,「東京オリンピック聖火リレー広島県実行委員会」において,検討していきます。

広島県聖火フェスティバル
イベント 実施場所
採火式 広島市,呉市,竹原市,三原市,尾道市,福山市,府中市,三次市,庄原市,大竹市,東広島市,廿日市市,安芸高田市,江田島市,府中町,海田町,熊野町,坂町,安芸太田町,北広島町,大崎上島町,世羅町,神石高原町 <県内全23市町>
県内集火式 広島市
出立式 広島市

※今後変更となる可能性があります。


なお,本日(11月22日)付けで,公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会から,次の項目について公表されております。

□採火・出立実施場所
採火・出立を実施する全国の市区町村名。

□聖火リレールート概要
競技開催都県(2020年8月18日~21日)及び開催都市東京都(8月22日~25日)で実施される聖火リレーのルート及び選定の基本的な考え方等。
※広島県内での聖火リレーの実施はありません。


□聖火ランナー募集概要
競技開催都県及び開催都市東京都で走る聖火ランナーの選定及び募集に関すること。
※各都県を走る聖火ランナーは,東京2020 パラリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーである「株式会社LIXIL」と「各都県(埼玉県・千葉県・静岡県・東京都)」が募集を行います。
聖火ランナーは,広島県民のみなさまも応募が可能となる見込みですが,詳細については,各応募先(株式会社LIXIL,埼玉県・千葉県・静岡県・東京都)が今後随時発表する聖火ランナー募集要項をご覧ください。

 

≪参考:東京2020パラリンピック聖火リレー実施概要≫
8/13(木)~17(月)  採火・東京に向けた火の出立などの「聖火フェスティバル」を43の道府県で実施
8/18(火)~21(金) パラリンピック競技開催4都県(静岡,千葉,埼玉,東京)で採火式・聖火リレー・出立式などの「聖火フェスティバル」を実施
8/21(金)夜  47都道府県の火を東京で一つに統合する「集火式」を実施
8/22(土)~25(火)  統合された一つの「東京2020パラリンピック聖火」により開催都市内聖火リレーを実施


 

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする