このページの本文へ
ページの先頭です。

平成30年7月豪雨災害に関する県民の避難行動の調査について(総括)

印刷用ページを表示する掲載日2020年10月5日

平成30年7月豪雨災害に関する県民の避難行動の調査について(総括)

 早めの避難行動につながる要素を導き出すため,平成30年7月豪雨災害における,県民の避難行動とその理由などを調査し,防災や行動科学等の有識者で構成する研究チームによる,詳細な分析を行いました。

 

【研究チームの構成】
所属 職名 氏名 専門分野等
広島大学大学院総合科学研究科 教授 坂田 桐子 社会心理学
山口大学大学院創成科学研究科 准教授 瀧本 浩一 防災
大阪大学大学院経済学研究科 教授 大竹 文雄 行動経済学
静岡県立大学国際関係学部国際関係学科 教授 津富 宏 EBP(※)

※evidence based practiceの略(エビデンスに基づく実践)

 

【分析結果】

平成30年7月豪雨災害に関する県民の避難行動の調査について(総括) (PDFファイル)(1.07MB)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする