このページの本文へ
ページの先頭です。

Innovation Potluck #11

印刷用ページを表示する掲載日2018年11月1日
potluck

内容

”イノベーションの種”を持ち寄るスピーカーと,参加者による「共創の場」として,「Innovation Potluck」を開催します。
当日は,スピーカーによる研究内容の発表と,参加者とのトークセッションを行いながら,将来的な研究の商品化,
社会実装を目指します。

スピーカー

坂口 琢哉 (さかぐち たくや)

安田女子大学 家政学部 造形デザイン学科 准教授 博士(政策・メディア)

<略歴>
広島県出身
慶應義塾大学 環境情報学部を卒業後,同大学大学院 政策・メディア研究科 後期博士課程を単位取得退学。
在学中はニューラルネットワークの数理モデルを学び,最適化問題や自然言語処理への応用について研究を行う。
学位取得後は東京工科大学,慶應義塾大学,東京造形大学などの非常勤講師を経て,2007年より安田女子短期大学,2015年より安田女子大学に勤務。
専門は認知科学,人工知能の他,近年は感性情報学やヒューマンインタフェースインタラクションの研究も行っている。

プレゼン内容

VRからwebVRへ: VRが創り出すもうひとつの可能性

「VR元年」と呼ばれた2016年から2年が経過し、様々なVRデバイスやコンテンツが登場・進化し続ける中、特別なプラットフォームを必要とせず、VRコンテンツをweb上で公開する技術「webVR」が注目を集めています。
本講演では、webVRの技術背景や実装方法について紹介すると共に、webVRを通じて実現する新たなコミュニケーションの可能性にも言及します。

開催日時・場所

日   程: 11月26日(月)
時  間: 17:00~18:30
場  所: イノベーション・ハブ・ひろしま Camps(広島市中区紙屋町1-4-3 エフケイビル1F)

対象者

・VR/AR開発に関心のある方
・webコンテンツの新たな可能性を模索している方
・イノベーションに興味のある方 等

参加方法

案内チラシ

問合せ

広島県商工労働局イノベーション推進チーム
電話:082-513-3353
FAX:082-223-2137
メール:syoinnov@pref.hiroshima.lg.jp
Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする