このページの本文へ
ページの先頭です。

平成18年度 第1回「地方分権懇話会」(平成18年7月14日)

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

講師

北海道大学公共政策大学院院長・教授 宮脇 淳 氏
・新地方分権構想検討委員会委員
・地方分権21世紀ビジョン懇談会委員
・内閣府参与

日時

平成18年7月14日(金曜日) 14時~15時30分

会場

広島大学東千田キャンパス大講義室
(広島市中区東千田町1-1-89)

講演テーマ

「地方分権の真姿と方向性」

第1回懇話会の写真
【第1回懇話会における宮脇氏の講演】
第1回懇話会の写真
【自治体や経済界等から約200名が参加】
 第1回地方分権懇話会では,地方六団体の「新地方分権構想検討委員会」委員,総務大臣の諮問機関である「地方分権21世紀ビジョン懇談会」委員,そして,内閣府参与として,道州制特区法案や骨太方針の作成等にも関与された北海道大学公共政策大学院院長の宮脇淳氏から,2011年度プライマリーバランスの方向性やグローバル都市間競争への対応を踏まえた,道州制の必要性について御講演いただきました。

  • 次第
  • 講演資料
  • 議事録

【参考資料】

  • 経済財政運営と構造改革に関する基本方針2006(抜粋)
  • 道州制特別区域における広域行政の推進に関する法律案(概要)
    ※添付の資料はページ下部の【ダウンロード】からご覧いただくことができます。

ダウンロード

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする