このページの本文へ
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島港に9の質問 

印刷用ページを表示する掲載日2019年3月11日

広島港に9の質問

 9の質問を通して,広島港の魅力をご紹介します。

表紙

〇質問一覧

Q1 中国・四国地方で最多の国際定期航路数というのは本当ですか?

Q2 なぜそんなに貨物量が豊富なのですか?

Q3 陸上の物流にも好都合な立地だそうですね。

Q4 広島港国際コンテナターミナルの施設について教えてください。

Q5 多様なニーズに応える,特徴ある施設があるそうですね。

Q6 小口混載貨物(LCL)について教えてください。

Q7 どのような会社が物流をサポートしてくれていますか?

Q8 多くの客船が寄港する理由は何ですか?

Q9 観光にも便利な場所ですね。

 

 

 

 Q1 中国・四国地方で最多の国際定期航路数というのは本当ですか? 

 A1:はい,本当です。(説明資料へのリンク) (PDFファイル)

 Q2 なぜそんなに貨物量が豊富なのですか?

 A2:それは,高い消費力と産業の集積があるからです。(説明資料へのリンク) (PDFファイル) 

 Q3 陸上の物流にも好都合な立地だそうですね。

 A3:広島港国際コンテナターミナルは,西日本の大動脈「山陽自動車道」まで約18分。”より早い”輸送が可能です。(説明資料へのリンク) (PDFファイル) 

 

 Q4 広島港国際コンテナターミナルの施設について教えてください。

 A4:大型コンテナ船にも対応可能。水深は中国・四国地方の港で最大の-14mです。(説明資料へのリンク) (PDFファイル) 

 Q5 多様なニーズに応える,特徴ある施設があるそうですね。

 A5:エリアごとに得意分野を発揮し,地域産業に貢献しています。(説明資料へのリンク) (PDFファイル)
 ○廿日市地区(木材)
 ○五日市地区(ブレークバルク貨物)
 ○宇品外貿地区(一般機械・穀物・日用品等)
 ○海田コンテナターミナル(自動車部品等)

 

 Q6 小口混載貨物(LCL)について教えてください。

A6:コンテナ1本に満たない量の小口貨物の場合,他の荷主と同じコンテナで相積みをする小口混載貨物(LCL)サービスを実施しています。
広島港から世界各地へ貨物をお届けすることが可能です。(説明資料へのリンク) (PDFファイル)

 

 Q7 どのような会社が物流をサポートしてくれていますか?

A7:広島港と世界を結び,皆様の物流を強力にサポートする企業が揃っています。
まず,ご連絡ください。皆様のご期待に応えます!(説明資料へのリンク) (PDFファイル)

○港湾運送事業
○通関業
○船舶代理店業
○倉庫業
○旅客船業

 

 Q8 多くの客船が寄港する理由は何ですか?

A8:2つの世界遺産に近いうえ,おもてなしの心あふれる歓迎が喜ばれています。(説明資料へのリンク) (PDFファイル) 

 

 Q9 観光にも便利な場所ですね。

A9:世界遺産や市内中心街へ,移動がスムーズです。(説明資料へのリンク) (PDFファイル)

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする