このページの本文へ
ページの先頭です。

国道375号道路改良工事の現場見学会を開催しました

印刷用ページを表示する掲載日2019年12月4日

概要

 北部建設事務所において,一般国道375号の道路改良工事を三次市作木町で進めています。
 このたび,公共事業への興味や関心を高めていただくため,県立庄原実業高等学校環境工学科の生徒を対象に,座学と工事現場での見学会を実施しました。

実施内容

・日 時 令和元年10月18日(金曜日)9時40分 ~14時30分
・場 所 三次市作木支所 山村開発センター(座学),三次市 作木町(工事現場)
・工事名 一般国道375号道路改良工事
・主催,協力 広島県北部建設事務所,大栄重機 株式会社
・参加者 広島県立庄原実業高等学校(環境工学科)生徒26名,教員2名
・内 容 現場において,Ict建機のデモ施工の見学や,建設重機への試乗を体験した後に,山村開発センターの会議室において,Ict技術などの説明を行いました。

見学会状況

見学会の様子

状況写真

Ict技術

Ict建設機械のデモ施工

ドローン

ドローンの説明

Ict重機の説明と,実際オペレータなしでのデモ施工を見学しました。

生徒の皆さんは,Ict技術によるデモ施工を熱心に見学していました。

 

重機

重機の試乗体験

重機2

重機の試乗体験

建設重機の説明を受けた後に試乗体験をしました。

生徒の皆さんは,初めて乗る重機に興味深々でした。

座学

Ict技術の座学

座学2

Ict技術の座学

座学として,Ict技術とは,導入の背景を説明しました。

将来の建設業の担い手になり,活躍する人材が育つように期待しています。

公共事業への理解や建設業への興味に繋がる見学会となったと思います。

今後も,継続して見学会などを取組んでまいりますので,ご協力をお願いします。 

現場見学会アンケート結果

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする