このページの本文へ
ページの先頭です。

一般国道186号御園バイパス防鹿工区の竣工について

印刷用ページを表示する掲載日2017年10月11日

御園バイパス

 一般国道186号御園バイパスは,大竹市内の幅員狭小,線形不良区間を解消するため,昭和63年から整備を進めており,これまでに安条工区及び油見工区の約2.2kmの供用を行ってきました。
 この度,防鹿工区のバイパス工事が完了し,平成29年9月1日より2車線での供用を開始しました。
 残る穂仁原工区については,現在調査設計中です。
地図

防鹿工区事業概要

(1)事業箇所:大竹市防鹿
(2)工事延長:770m(うち防鹿トンネル延長370m)
(3)事業期間:平成10年度~平成29年度
(4)事業費 :約26億円
構造図

完成式について

 平成29年9月1日,地元選出国会議員,県議会議員,国土交通省及び地元関係者等を来賓として迎え,新しくできた防鹿トンネルにて,テープカットとパレードを実施しました。
テープカット

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする