ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 広島障害者職業能力開発校 > 重度視覚コース(OA事務科)

重度視覚コース(OA事務科)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月27日更新

重度視覚コース(OA事務科)の実習風景

重度視覚コース(OA事務科)の実習風景

重度視覚コース(OA事務科)のご案内

定員訓練期間入校月対象者
3名1年4月15歳以上(入校年度4月1日現在)
知的障害・精神障害以外で,
〇重度視覚障害のある方

訓練目標

スクリーンリーダー等の視覚障害者用就労支援機器・ソフトを活用したOA機器・パソコンの操作を学び,ワープロ・表計算ソフト及びインターネット・電子メール等についての基礎知識と利用技術を習得します。また,ビジネスマナー・電話応対などを習得し,事務関連職種への就職を目指します。

訓練内容

●視覚障害者用就労支援機器及び支援ソフトの操作と活用
拡大読書器・点字ディスプレイ及びスクリーンリーダー・画面拡大ソフトといった就労支援機器の操作を覚え,活用することを習得します。
●パソコン操作の習得
ワープロソフトを利用した文書処理,表計算ソフトを利用した事務データの加工処理,メールソフトを利用したコミュニケーションの確立,インターネットを利用しての情報収集・活用及びWebページの基礎知識等を習得します。
●職業人基礎能力の習得
ビジネスマナー・コミュニケーション能力等を習得します。

主な取得可能資格

  • 日商PC検定試験3級(文書作成,データ活用)

主な取得可能資格は,在校中に受験合格により取得可能なものです。


県政ピックアップ