ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

CAD技術科

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月5日更新

CAD技術科の実習風景

CAD技術科の実習風景

CAD技術科のご案内

定員訓練期間入校月対象者
15名2年 4月

18歳以上(入校年度4月1日現在)
知的障害以外で,
〇身体障害・難病のある方
〇精神・発達・高次脳機能障害のある方

訓練目標

汎用工作機械・NC機器の工作法を理解し,JIS製図規則に基づき,基本的機械要素で構成された機械装置の部品図・組立図を2次元や3次元CADを用いた実習を通じて行い,設計製図作業に必要な知識と技能を習得することを目指します。

訓練内容

●機械製図
JISに基づく製図の書き方を基礎から勉強し,2次元CAD を使って機械部品や機械装置の製作図を作図します。
●機械設計
設計仕様に基づき,規格の適用,強度計算などから部品の形状寸法を決定し製作図を作図します。設計計算には表計算ソフトなどによるプログラムを作成し使用します。機構の検討などには3次元CADを使用します。
●3次元CAD/CAM/CAE
3次元CADによるモデリングをベースに,製造用の加工データの作成(CAM)や,強度解析用データの作成と解析の実行(CAE)などについても勉強します。

主な取得可能資格

  • CAD利用技術者(3次元)
  • 機械プラント製図(3級)
  • 表計算検定

主な取得可能資格は,在校中に受験合格により取得可能なものです。


県政ピックアップ