ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 県立福山高等技術専門校 > 自然災害時の休校マニュアル(施設内訓練用)

自然災害時の休校マニュアル(施設内訓練用)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月25日更新

目的 

1 悪天候や地震発生時などにおける安全を確保するため,授業の開始,休講などの基準を定める。

内容

2 気象による緊急対応

(1) 福山市に「特別警報」(大雨,暴風,高潮,波浪,暴風雪,大雪)または「暴風」「暴風雪」「大雪」のいずれかの警報(以下「該当警報」という。)が発令された場合は,次のとおりとする。

・訓練生が専門校管理下の場合

校長は,休講か授業継続かを決定し,休講を決定した場合は職員を通じて訓練生への指示・連絡を徹底する。

訓練生が自宅の場合

ア 午前6時30分の時点で該当警報が発令されている場合は,午前10時15分(2時限)まで休講とし,自宅待機とする。

イ その後午前8時20分までに該当警報が解除された場合は,10時20分始業とし,安全に注意して登校する。午前8時20分の時点で引き続き該当警報が発令されている場合は,午前中(4時限)まで休講とし,引き続き自宅待機とする。

ウ その後午前11時00分までに該当警報が解除された場合は,13時00分始業とし,安全に注意して登校する。午前11時00分の時点で引き続き該当警報が発令されている場合は,終日休講とする。

(2) 上記以外の場合においても校長は,特別警報・警報・注意報などを総合的に判断して,休講を決定することができる。休講を決定した場合は,職員に指示・連絡を徹底する。

(3) (1)及び(2)にかかわらず,居住地,または登校途上で該当警報が発令されるなど,危険が予測される場合は,その安全性が確認できるまでは登校を控えること。また,その旨を速やかに校に連絡すること。

3 地震発生時における対応

(1) 福山市に「震度5強」以上の地震が発生した場合の対応は,次のとおりとする。

・下校時間から24時までに発生した場合は,翌日を終日休講とする。

・0時から8時35分までに発生した場合は,当日を終日休講とする。

(2) 福山市に「津波警報」または「大津波警報」が発令された場合の対応は,2(1)を準用する。ただし,「自宅待機とする」は「安全な場所に避難する」と読み替える。

4 公共交通機関が遅延・運休している場合は,校に状況を連絡すること。事実確認後,やむを得ない理由の遅刻・欠席として取り扱う。

5 休講となった授業については,補講を行う。 

附則 この留意事項は,平成28年9月9日から実施する。

気象情報の確認方法

・NTT天気予報177(有料)またはテレビ・ラジオ・インターネットによる天気予報・ニュースなど

・「広島県防災Web」

 携帯電話向けhttp://www.bousai.pref.hiroshima.jp/i/

 パソコン・スマートフォン向けhttp://www.bousai.pref.hiroshima.jp/hdis/

 

事例など
事例警報発令の状況訓練生福山校
A6時30分現在,福山市で暴風警報が発令されていたが(他の地域では,強風注意報のみ発令),8時00分に警報が解除となった場合

訓練生は登校せず自宅待機とする。ただし,8時00分で警報が解除されたため,10時20分から開講するので,安全を確認して登校する。

10時20分から開講
B6時30分現在,東広島市で,暴風警報が発令されているが,福山市や他の地域では,注意報が発令されている場合

東広島市の訓練生は自宅待機。他の地域の訓練生は安全を確認して登校する。

通常どおり開講
C自宅を出る7時現在,福山市に該当警報が未発令であったため自宅を出たが,登校途中に福山市に該当警報が発令となった場合状況を見て,安全な場所に避難したり,帰宅したりする。専門校の近くまで来ている場合は,専門校に避難することも可能。通常どおり開講

※休講となった場合でも8時30分までには職員が登校していますので,わからないことがあれば問い合わせてください。


県政ピックアップ