このページの本文へ
ページの先頭です。

北部厚生環境事務所・保健所とは

印刷用ページを表示する掲載日2019年10月16日

「広島県北部厚生環境事務所・北部保健所」は,保健・福祉及び環境保全に関する事務を行う厚生環境事務所と,地域の公衆衛生活動の中心となる公的機関である保健所が,一体的に設置された県の行政機関です。

管轄地域

 当事務所の管轄区域は,三次市・庄原市の2市です。
管内図
(注:所管事務によっては管轄地域が異なりますので,厚生環境事務所・保健所にお問い合わせください。) 

管轄地域の特徴

 管内の面積は,2,024.63k平方メートルで,県全体の23.9%を占め,その面積の80.8%は森林地帯です。  
 管内の人口は,87,115人(H31.1.1現在)で,県内の総人口の約3.1%です。人口密度は,1k平方メートル当たり43.0人で,県内でも人口密度の低い地域となっています。
   管内の気候は,一般に冷涼な気候で,冬季は霜の害を受けやすく,管内北部では積雪が1mを超えるところもあります。
 地域振興面では,三次では,三次ワイナリーや君田温泉森の泉,奥田元宋・小由女美術館,日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム),庄原では,国営備北丘陵公園,かんぽの郷庄原,道の駅など,余暇利用目的と地元の文化や特産を活かした施設が各地に整備され,地域の活性化が期待されています。

このページに関する問合せ先

 

〒728-0013 
三次市十日市東四丁目6-1 

 Tel:0824-63-5181(代表)
 Fax:0824-63-5190

   

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする