このページの本文へ
ページの先頭です。

毒物・劇物保管庫の「かぎ」を管理しましょう

印刷用ページを表示する掲載日2019年10月1日

毒物・劇物保管庫の「かぎ」を管理しましょう

毒物・劇物の紛失・盗難による事故を防ぐためには,保管庫に「かぎ」をかけるだけでは不十分です。
次のことを参考にして,「かぎ」の管理を徹底しましょう。

「かぎ」の管理者を決めましょう。

「かぎ」の管理者を1人に限定したうえで,他の従業員に対し,「かぎ」を持ち出す際には管理者の許可を取ることを義務付けましょう。
管理者

「かぎ」の管理者の代理者を決めましょう。

「かぎ」の管理者が休暇や体調不良等で不在となるのに備え,「かぎ」の管理を代行する者をあらかじめ決めておきましょう。
代理者

毒物・劇物を取扱う必要のない従業員や部外者が,「かぎ」を使えないようにしましょう。

仕事上で毒物・劇物を取扱う必要がない人には「かぎ」を貸し出さないことを取り決め,周知しましょう。
また原則として部外者には「かぎ」を貸し出さないようにしましょう。
部外者

「かぎ」の管理簿を付けましょう。

管理者(代理者)は,いつ,だれに,どんな目的で「かぎ」を貸し出し,返却を受けたのか,後からさかのぼって分かるように,管理簿を作って保管しましょう。
また,「かぎ」を貸出した時と返却を受けた時に,管理者(代理者)が確認したことを記録に残しましょう。
管理簿
Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする