このページの本文へ
ページの先頭です。

備北地域医療構想調整会議

印刷用ページを表示する掲載日2020年2月20日
 誰もが住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるよう,限られた医療・介護資源を効率的・効果的に活用し,医療・介護の連携による切れ目のないサービス提供体制と地域包括ケアシステムを一体的に構築する必要があります。
 このため,平成28年3月に保健医療計画の一部となる「広島県地域医療構想」を,平成30年3月には「第7期広島県保健医療計画」と「第7次ひろしま高齢者プラン」が策定されており,備北圏域分のこれらの計画について,整合性を図りながら推進することとしています。
 その取組の一環として,限りある医療・介護資源を効率的に活用するため,病床の機能の分化と連携による質の高い医療提供体制の構築と地域包括ケアシステムの強化を一体的に進めるため,備北地域医療構想調整会議において,地域の実情に応じた協議を行っています。

令和元年度第1回備北地域医療構想調整会議(令和元年7月23日)

※参考資料4は,非公開資料のため,添付していません。

令和元年度第2回備北地域医療構想調整会議(備北地対協保健医療計画推進専門部会との合同会議)(令和2年2月6日)

※参考資料8は,非公開資料のため,添付していません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする