このページの本文へ
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

エイズ(HIV)検査・梅毒検査について

印刷用ページを表示する掲載日2019年7月3日

HIVや梅毒に感染しているかどうかは,検査でしか発見できません。

保健所では,当日に結果のわかる迅速検査を無料・匿名で受けることができます。原則,HIVと梅毒検査の両方を同時に実施します。採血は両検査合わせて1回です。

検査を受けることが,他の方から分からないようまた,他のエイズ検査,梅毒検査を受ける方と出会うことのないよう配慮しています。

感染の不安がある方は,ぜひ検査を受けてください。

検査について

日程

毎月 第1火曜日 9時から11時

毎月 第3火曜日 9時から11時,13時から14時

2019年度HIV・梅毒検査日程

場所

広島県西部東保健所2階 健康相談室

地図アクセス
所内案内図 (PDFファイル)(20KB)

対象

感染の可能性・感染の不安がある人で,感染の可能性のあった機会から3か月以上経過している人など

検査を受ける時期

原則,感染の可能性があった機会から3か月以上経ってから検査を受ける必要があります。

それは,HIVや梅毒に感染しても,すぐには血液の中に抗原や抗体(HIVや梅毒に感染しているという印)が検出されないからです。

感染の機会から3か月未満で,感染が不安な時は,まずご相談ください。

予約について

検査は予約制です。

検査の予約ができるのは検査日の約1か月前からです。現在は7月16日及び8月6日の検査を受け付けています。

お問い合わせ

東広島市西条昭和町13-10
広島県西部東保健所 保健課 保健対策係
電話 082-422-6911(内線 2415)

参考

エイズホットライン

エイズ(HIV)検査・相談ができるところ

エイズ検査ってどんな検査?(ひろしまCdc)

梅毒検査について(ひろしまCdc)

梅毒の患者が急増しています!

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする