このページの本文へ
ページの先頭です。

産卵のために川を下るニホンウナギの保護について

印刷用ページを表示する掲載日2019年10月15日

旅立つウナギを採らないで!!
✿産卵のために川を下るニホンウナギの保護について✿

 秋から冬にかけて,産卵期を迎えるニホンウナギは川を下り,海に向かいます。
 広島県内の内水面(※注)では,ニホンウナギの資源回復のため,
 10月1日から翌年3月31日までの間はニホンウナギの採捕を全面禁止します。

注※採捕を禁止する区域は,広島県内の河川等の内水面
(公共用水面及びこれと連接して一体をなす水面)です。
 ただし,小瀬川における広島県廿日市市浅原新市井原
 橋下流側右岸基部と同左岸基部を結んだ線から下流を
 除きます。


禁止期間
※全長30センチメートル以下のニホンウナギは,周年採捕禁止です。

ウナギイラスト


ニホンウナギの保護に関する委員会指示はこちら

啓発チラシ (PDFファイル)(466KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする