このページの本文へ
ページの先頭です。

太田川流域下水道事業の概要

印刷用ページを表示する掲載日2015年3月13日

 太田川流域下水道事業(瀬野川処理区)

1 供用開始

  •  昭和63年10月

2 計画概要

計画概要一覧表
 

処理面積
(ヘクタール)

処理人口
(千人)

日最大処理水量
(立方メートル)

広島市

2,940

193.3

108,100

府中町

546

49.6

21,510

海田町

553

26.5

13,240

熊野町

570

19.1

7,940

坂町

348

11.1

5,920

合計

4,958

299.6

156,710

 3 処理施設 

処理施設の概要

名称

東部浄化センター

所在地

広島市南区向洋沖町1番1号

現有処理場能力

1日当り148,380立方メートル

敷地面積

30.7ヘクタール

排除方式

分流式

水処理方式

(1系)標準活性汚泥法+急速砂ろ過
(2系)凝集剤併用型循環式硝化脱窒法+急速砂ろ過

4 計画区域図

5 参考

  •  太田川流域下水道(太田川処理区)は,広島市の広域合併の進展により,平成2年度に広島市公共下水道へ移管。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする