このページの本文へ
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

『広島港宇品・出島地区賑わい創出に係る基本方針』について

印刷用ページを表示する掲載日2012年8月18日

1 要旨

 広島港宇品地区から出島地区までのウォーターフロントにおいて,公園・緑地などのみなとの資源や民間の活力を活用し,多くの来訪者が親しめる賑わい空間を創出するため,有識者などから構成する「広島港宇品・出島地区賑わい創出検討委員会」からの提言を基本方針として取りまとめました。

2 基本方針の概要

(1)基本理念

 【全体コンセプト】 人と船が行き交う瀬戸内海の玄関口
【基本方針】
1みなと資源を活用した空間づくり
2賑わい空間の魅力の向上を図る交通環境づくり
3ソフト対策強化によるブランド力の向上

(2)取組内容

 1 みなと資源の有効活用に求められる取組(ゾーニング及びゾーンの賑わいイメージ)
 2 交通環境の向上に求められる取組
 3 ブランド力向上に求められる取組

(3)期間

 1 短期 平成24年度~平成28年度 (5年間)
 2 中期 平成29年度~平成33年度 (5年間)
 3 長期 平成34年度以降

3 基本方針の内容

 「広島港宇品・出島地区賑わい創出に係る基本方針」の全文は,下記【ダウンロード】を参照してください。
表紙

ダウンロード

広島港宇品・出島地区賑わい創出に係る基本方針

広島港宇品・出島地区賑わい創出に係る基本方針【概要版】

関連情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする