ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

常石エンジニアリング株式会社

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月17日更新

常石エンジニアリング株式会社の取組

平成26年度

  • 常石造船の工場や事務所を職場見学しました。
  • 船に取り付けるプロペラを触ったり,ポンポン蒸気船を手作りし水槽で走らせました。

船に興味をもってもらうため、模型船やプロペラに触れる体験と楽しく遊べる実験を行いました。

最初に社長や取締役と名刺交換をした後,常石造船の工場で10分の1模型船(全長約20m)を見ながら外観の説明を聞き,実際に船に取り付けるプロペラに触れる体験をしました。
事務所に戻ってからは,会社でどんな仕事をしているのか説明を受けたり,ポンポン蒸気船を手作りし,実際に水槽で走らせる実験をしました。
船の形をした貯金箱も作る予定でしたが時間が足りなくなったため,家で作れるように船の組立図が書いてある厚紙を持って帰ってもらいました。

プロペラ ポンポン蒸気船作成 ポンポン蒸気船

こどもの職場参観日の取組

開催日時

平成26年8月20日

開催場所

本社、常石造船工場

こどもの参加人数
(学年または年齢)

4人
(小学1年~4年生)

こども以外の参加人数

 -

主な取組内容

社長・取締役と名刺交換をした後、常石造船の工場にて10分の1模型船(全長約20m)を見ながら外観の説明を聞き、実際に船に取り付けるプロペラに触れる体験をしました。
事務所に戻ってからは、会社でどんな仕事をしているのか説明を受けたり、ポンポン蒸気船を手作りし、実際に水槽で走らせる実験をしました。
船の形をした貯金箱も作成する予定でしたが、時間が足りず、持ち帰り家で作れるように船の組立図が書いてある厚紙を渡しました。

取組のきっかけや背景

ツネイシホールディングス株式会社が常石グループの次世代育成支援,仕事と家庭の両立支援施策の一環として,企画の提案があり,当社も趣旨に賛同し,開催に至りました。

取組にあたって工夫した点・苦労した点

船に興味をもってもらうため、模型船やプロペラに触れる体験と楽しく遊べる実験を行うことにしました。

取組に伴う効果,従業員の変化等

参加した従業員(保護者)の感想
●図面やCAD、3Dのパソコン画面を見て楽しそうにしていました。
実験や工作を通して、図面とは何か、物を作るという事が何かを少しでも判ってもらえたと思います。職場の方々、特に管理室の準備等下さった方々、お時間頂きありがとうございました。
●こどもの職場参観日があるのが分かった日から、すごく期待していたようです。当日は早く起きてワクワクしながら親と一緒に出勤し、いろいろな物に触れて、見て、作って、遊んで、子供にとって良い経験になり、来年も来たいと言われて嬉しかったです。
●参加するまでは、子どもがきちんと挨拶できるか、みんなと仲良くできるか…など心配もありましたが、当日はたくさんの人の説明もきちんと聞けて良かったです。各部署の説明も、とても分かりやすくして頂き、子どもの仕事に対する理解も深まったと思います。ありがとうございました。

参加者の声

●ポンポンせんをつくったことが楽しかった。
●きたいしていなかったがまあまあ楽しかった。
●ぽんぽんせんをして、うごいて、きれいだった。
●大きいふねを見て、見たこともないふねがあってすごかった。
●ふねをつくったのがたのしかったよ。
●ポンポン船が楽しかった。友だちができてうれしかった。次も参加したい。

企業概要

企業名常石エンジニアリング株式会社
住所〒720-0313  福山市沼隈町常石1083
電話番号084-987-3003ホームページURL

http://www.tsune-e.com

業種船舶設計業

これまでの取組企業等一覧
取組企業等の募集,紹介
こどもの職場参観日等取組発表会

県政ピックアップ