このページの本文へ
ページの先頭です。

被爆オリンピック選手が撮り続けた戦争とスポーツと広島

印刷用ページを表示する掲載日2021年6月29日

戦前に砲丸投げで1936年(昭和11年)のベルリンオリンピックに出場し、トップアスリートとして活躍した高田静雄さんが撮影した写真は、アスリートならではの視点から撮られ、その価値が今、高く評価されています。静雄さんの孫で写真家の高田敏明さんにお話を伺いました

https://hiroshimaforpeace.com/war-sports-and-hiroshima-photographed-by-an-olympic-athlete-and-a-bomb-survivor/

 

 

 

 

 

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする