このページの本文へ
ページの先頭です。

被爆後の医療の歩み

印刷用ページを表示する掲載日2020年5月26日

1945年8月6日,人類史上最初の核兵器である原子爆弾が投下され,灼熱の閃光と爆風により広島の街は一瞬にして壊滅し,多くの尊い生命が失われ,数えきれない人々が傷つき,今もなお生き残った者たちを苦しめ続けています。また,原子爆弾は広島の医療機関と医療従事者にも壊滅的な打撃を与えました。被爆直後からの被爆者医療の歩みや被爆者に対する法的支援についてまとめました。

https://hiroshimaforpeace.com/hiroshima75/mdeicalcare/

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする