このページの本文へ
ページの先頭です。

広島市江波山気象館(旧広島地方気象台)

印刷用ページを表示する掲載日2021年3月3日

現在は気象と科学をテーマとした博物館であり,気象観測や天気予報の様子を見学や豪雨・暴風疑似体験ができ,子ども達にも親しまれている広島市江波山気象館。実は,被爆建物であり,広島市指定重要有形文化財でもあります。また,柳田邦男の小説「空白の天気図」の舞台でもあります。今回はそんな広島市江波山気象館について紹介します。

 

https://hiroshimaforpeace.com/ebayama-museum/

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする