このページの本文へ
ページの先頭です。

SDGsセレクトブック参加者からの メッセージ

印刷用ページを表示する掲載日2021年2月25日

広島県は平成30(2018)年度に「SDGs未来都市」として内閣総理大臣により選定された。これは政府が、自治体によるSDGsの達成に向けた取り組みを公募し、優れた取り組みを選定する都市を選定し、その成功事例の普及展開等を行うことで地方創生の深化につなげていくための取り組みである。その一環として広島県では、平成30(2018)年度から『未来につなげるSDGsとビジネス~広島における企業の取組現場から~』という冊子を環境省中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)と共催で制作している。この冊子は地元企業等によるSDGsビジネスの最前線を県内の大学生が取材することで、SDGsビジネスに対する若い世代の理解を促すとともに、国内外に対して県内の事例を発信することを目的にしている。その2020年度版冊子の編集プロジェクトに参加した宮田菜穂さんと永田みのりさんに話を聞いた。

 

https://hiroshimaforpeace.com/a-message-from-participants-in-the-sdgs-booklet-project/

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする