ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成29年11月22日)

定例会議の開催概要(平成29年11月22日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月8日更新

平成29年11月22(水曜日)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○公安委員会の行事予定(案)について(平成29年12月~平成30年2月)
 平成29年12月から平成30年2月までの3か月間における公安委員会の行事予定(案)について説明を受け,了承した。

○審査請求の審理結果について(2件)
 運転免許証の取消処分等に関する審査請求2件について,審理官による審理経過及び裁決案の説明を受け,案のとおり議決した。

○審査請求の受理及び審理官の指名について
 更新時に交付した運転免許証の区分に関する審査請求を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○交通規制の改正について
 信号機の新設案1件及び廃止案2件並びに最高速度規制の新設,改正及び廃止案6件についてそれぞれ説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
 運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等22件について説明を受け,案のとおり議決した。

○自己情報開示請求に対する開示可否の決定について
 広島県個人情報保護条例に基づく公安委員会に対する自己情報開示請求に対する開示可否の案について説明を受け,案のとおり議決した。

○行政文書開示請求の受理及び開示可否の決定について
 広島県情報公開条例に基づく公安委員会に対する行政文書開示請求書を受理するとともに,開示可否の案について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の受理について
 公安委員会に申し出られた法定苦情を受理するとともに,その内容及び処理案についてそれぞれ説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について(3件)
 公安委員会で受理した法定苦情について,調査結果及び苦情申出に対する通知案2件についてそれぞれ説明を受け,案のとおり議決するとともに,通知文の送達に伴う苦情処理の完結1件について報告を受け,決裁した

【報告】

○警察・商工労働委員会説明事項について
 平成29年12月6日に開催される警察・商工労働委員会における警察本部からの説明事項等について報告を受けた。

○警察本部の行事予定について(平成29年12月~平成30年2月)
 平成29年12月から平成30年2月までの3か月間における警察本部の行事予定について報告を受けた。

○広島中央警察署における証拠品盗難事件の再発防止に向けた取組状況について
 広島中央警察署における証拠品盗難事件の再発防止に向けた取組状況として,これまでに講じた再発防止策及び今後の対応について報告を受けた。
 委員から,「証拠品の現金は,会計課が取り扱うのでなく,別に取り扱うことが必要である。」旨の発言があり,警察側から,「今回の再発防止策として現金や禁制品等の証拠物件を保管する特殊物件保管庫を拡充したことから,今後は通常想定される金品には対応できると考えている。」旨の説明があった。
 委員から,「証拠品の車はどのように保管されているのか。」旨の発言があり,警察側から,「原則として警察署の車庫で車輪留め等の措置を講じた上で保管している。」旨の説明があった。
 委員から,「より厳重な管理のため,ダブルチェック体制が必要である。」旨,「こういう事態が起こったので,厳密な保管管理を徹底していただきたい。」旨,それぞれ発言があった。

○「2017広島東洋カープ優勝パレード」の開催に伴う対応について
 2017広島東洋カープ優勝パレードの開催概要,警備体制及び交通規制について報告を受けた。
 委員から,「パレードの主催はどこか。」旨の発言があり,警察側から,「広島東洋カープ,広島県,広島市,広島商工会議所,報道機関により実行委員会が組織されており,この実行委員会が主催である。」旨の説明があった。
 委員から,「パレードの実施はどこが決定するのか。」旨の発言があり,警察側から,「実行委員会である。」旨の説明があった。
 委員から「警察の許可は必要ないのか。」旨の発言があり,警察側から,「関係警察署に道路使用許可申請が出され,申請に基づき警察署長が許可を出している。」旨の説明があった。

○平成29年年末交通事故防止県民総ぐるみ運動の実施について
 平成29年12月1日から10日までの10日間で実施される「平成29年年末交通事故防止県民総ぐるみ運動」における運動重点,重点推進事項等について報告を受けた。
 委員から,「アンダー75作戦として取り組んでおられるが,本年は既に交通事故死者数が75人を超えており,昨年を超えるおそれもあるのではないか。」旨の発言があり,警察側から,「非常に厳しい状況にあると認識しており,各署とも懸命に取り組んでいる。」旨の説明があり,委員から,「増減はあると思うが,2020年での達成に向け,引き続き取り組んでいただきたい。」旨の発言があった。
 委員から,「アンダー5作戦についてはどうか。」旨の発言があり,警察側から,「既に特殊詐欺の被害額は8億円を超えているが,先月,今月と被害額が顕著に減少しており,2020年までの達成に向けて,引き続き取り組んでまいりたい。」旨の説明があった。

【特記事項】

○警察側から,11月17日に開催された警察・商工労働委員会の開催状況及び質疑応答内容について説明があった。

○委員から,11月20日,21日に東京都で開催された全国公安委員会連絡会議の概要について説明があった。