ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成29年11月15日)

定例会議の開催概要(平成29年11月15日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月24日更新

平成29年11月15(水曜日)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○広島県個人情報保護審議会への諮問について
 広島県個人情報保護条例の一部を改正する条例附則第3項の規定により,広島県個人情報保護審議会に諮問する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○審査請求の受理及び審理官の指名について(2件)
 更新時に交付した運転免許証の区分等に関する審査請求2件を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○広島県情報公開・個人情報保護審査会からの審査請求に係る確認事項について
 広島県情報公開・個人情報保護審査会に諮問中の審査請求事案において,同審査会からの審査請求に係る確認事項に対する回答案について説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
 運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等19件について説明を受け,案のとおり議決した。

○自己情報開示請求書の受理について
 広島県個人情報保護条例に基づく公安委員会に対する自己情報開示請求書の受理について説明を受け,決裁した。

○法定苦情の受理について(3件)
 公安委員会に申し出られた法定苦情3件を受理するとともに,その内容及び処理案についてそれぞれ説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について
 公安委員会で受理した法定苦情について,調査結果及び苦情申出に対する通知案について説明を受け,案のとおり議決した。

【報告】

○警察・商工労働委員会説明事項について
 平成29年11月17日に開催される警察・商工労働委員会における警察本部からの説明事項等について報告を受けた。

○防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン(案)について
 防犯カメラの適切かつ効果的な活用を推進するため,広島県において「防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン」を策定することについて,ガイドライン(案)の概要及び本文,策定スケジュール等の報告を受けた。
 委員から,「交通監視のためのカメラなどもガイドラインの対象となるのか。」旨の発言があり,警察側から,「交通監視や施設管理などが主目的のカメラであっても,設置目的に犯罪の防止が含まれ,不特定かつ多数の人が利用又は往来する施設や場所に設置されているカメラは,このガイドラインの対象となると想定している。」旨の説明があった。
 委員から,「更なる防犯カメラの普及に努めていただきたい。」旨の発言があった。

○年末年始における犯罪,事故等防止活動の推進について
 平成29年12月1日から平成30年1月3日までの期間で取り組む年末年始における犯罪,事故等防止活動の概要について報告を受けた

【特記事項】