ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

地域密着型サービス(認知症高齢者グループホーム・小規模多機能型居宅介護)評価基準

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

1 理念に基づく運営(22項目)

  1. 理念の共有
  2. 地域との支えあい
  3. 理念を実践するための制度の理解と活用
  4. 理念を実践するための体制
  5. 人材の育成と支援

2 安心と信頼に向けた関係づくりと支援(10項目)

  1. 相談から利用に至るまでの関係づくりとその対応
  2. 新たな関係づくりとこれまでの関係継続への支援

3 その人らしい暮らしを続けるためのケアマネジメント(17項目)

  1. 一人ひとりの把握
  2. 本人がより良く暮らし続けるための介護計画の作成と見直し
  3. 多機能性を活かした柔軟な支援
  4. 本人がより良く暮らし続けるための地域資源との協働

4 その人らしい暮らしを続けるための日々の支援(38項目)

  1. その人らしい暮らしの支援
    (1)一人ひとりの尊重
    (2) その人らしい暮らしを続けるための基本的な生活の支援
    (3) その人らしい暮らしを続けるための社会的な生活の支援
    (4) 安心と安全を支える支援
    (5) その人らしい暮らしを続けるための健康面の支援
  2. その人らしい暮らしを支える生活環境づくり
    (1) 居心地のよい環境づくり
    (2) 本人の力の発揮と安全を支える環境づくり

5 サービスの成果に関する項目(13項目)


関連情報

ダウンロード

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする