ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

社内IoTエキスパート育成講座

印刷用ページを表示する掲載日2018年5月17日

カバー画像

 

 

 

社内IoTエキスパート育成講座

IoTへの取組みが世界で注目を集めるようになって数年経ち,日本でもConnected Industriesが掲げられて国を挙げて推進する姿勢が鮮明になってきました。一方でIotが意味する範囲が非常に幅広いため,先進的な企業はどんどん先を進んでいますが,目的やアプローチを見いだせずどうすればよいのか分からない企業もおられるのではないでしょうか。

IoTは,外部のコンサルティング会社やIT企業に任せるだけではなく,自社で,経営者から担当者を含め,組織的・戦略的に進めていく必要があります。
本講座は,貴社のIot戦略を企画・立案できる人材を育成いたします。

 

チラシはこちら (PDFファイル)(3.14MB)

 

 

 

参加対象者

以下の1,2すべての条件にあてはまる方

1.広島県内に企業にお勤めで,自社のIoT導入に携わってる方 または携わる予定の方

2.Wifiに接続できるノートパソコンを持参できる方 (OS: Windows10 または MacOS High Sierra以降)

※1社2名まで
※初回・最終発表会には,経営者の参加をお願いいたします。

プログラム内容

開催場所

広島会場: 
イノベーション・ハブ・ひろしまCamps
(広島市中区紙屋町1-4-3 エフケイビル1F)

福山会場:
福山市ものづくり交流館
(福山市西町1-1-1 エフピコ 7F)

 

カリキュラムスケジュール

・初回は経営者も参加していただき,IoTの重要性・本プログラムの主旨を共用させていただきます。
・最終発表会では,経営者の前で各自作成した自社におけるIoT事業計画とプロトタイプを発表します。
スケジュール

※1 【広島会場】 初回・フィールドワーク・最終日は別会場を予定しております。
※2 【福山会場】 フィールドワークを別会場を予定しております。
※3 プロトタイプ作成: 最終発表会に向けたプロトタイプ作成のため会場を開放いたします。(入退出自由)

 

講師

講師1
株式会社ウフル
八子 知礼(やこ とものり)

松下電工(現パナソニック)、アーサーアンダーセン/ベリングポイント、デロイトトーマツ コンサルティング執行役員パートナー、シスココンサルティングサービスのシニアパートナーを経た後2016年4月より現職。様々な企業でのIoT案件および地方創生案件のコンサルティングに従事。著書に「図解クラウド早わかり」「モバイルクラウド」「IoTの基本・仕組み・重要事項が全部わかる教科書」がある。

講師2
株式会社ウフル
米田 隆幸(よねだ たかゆき)

外資系製薬企業でのMR、コンサルタントなどを経て、2011年よりインターネットサービス企業で、一般消費者向けのWebサービス・アプリの新規企画を担当。2014年のサンフランシスコ駐在をきっかけに、社内アクセラレーションプログラムやスタートアップ投資等、社内外のリソースを活用するオープンイノベーションをベースとした新規事業創出に従事。2016年にはIotビジネスに特化した組織を立ち上げ、製造業・サービス業向けに、ビジネスサイドでのIoT活用にフォーカスした事業成長支援を複数実施。

講師3
株式会社アールジーン 代表取締役 / IoTNEWS 代表
小泉耕二(こいずみ こうじ)

IoTを専門に扱うメディア「IoTNEWS」代表。 IoTコンサルタント。大阪大学でニューロコンピューティングを学び、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)、Cap gemini Ernst & Young、テックファーム株式会社より現職。著書に、「2時間でわかる図解IoTビジネス入門(あさ出版)」「顧客ともっとつながる(日経BP)」がある。

 

その他,AI/IoT企業からの講師を予定しています。

 

 

申し込み締切

広島会場: 2018年6月22日(金曜日)

福山会場: 2018年9月28日(金曜日)

※キャンセルが出ましたので,追加募集中です。

 

 

参加申し込み

以下のリンク先からお申込みください。
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/ques/questionnaire.php?openid=641

 

※経営者が参加できないなど要件を満たさない場合は,受講をお断りすることがございますので,ご了承ください。

 

 

 

主催・企画・運営

主催: 広島県

企画・運営: 株式会社ウフル
株式会社ウフルは様々な企業のIot案件および地方創生案件のコンサルティングを実施しています。

 

 

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする