このページの本文へ
ページの先頭です。

Innovation Potluck(イノベーションポットラック) #22【終了しました】

印刷用ページを表示する掲載日2020年9月15日

HP

Innovation Potluck(イノベーションポットラック)とは?

”イノベーションの種”を持ち寄るスピーカーと,参加者による「共創の場」として,「Innovation Potluck」を開催します。
当日は,スピーカーによる研究内容の発表と,参加者とのトークセッションを行いながら,将来的な研究の商品化,社会実装を目指します。

今回のプレゼン内容

身近な環境のリモートセンシング ~広島の自然を対象として~

近年「リモートセンシング(RS)」と呼ばれる技術は日進月歩で進化していますが,その実態はあまり知られていません。RSはGoogle Earthの下絵や気象衛星の雲画像などでおなじみの衛星画像のイメージが強いですが,地上に設置された監視カメラや車に搭載されるセンサなどに代表される「非接触のセンシング」はすべてこの種の技術に含まれます。また,RSは最近のコロナ禍においても注目される技術の1つです。そこで今回は,広島の自然(空,陸,海)を例として,RSによる最新の観測技術と広島大学で行ってきたRS研究例などを紹介したいと思います。

スピーカー

広島大学大学院先進理工系科学研究科 准教授
作野 裕司(Sakuno Yuji)

1994年3月 鳥取大学教育学部小学校教員養成課程卒業
1996年3月 島根大学大学院理学研究科地質学専攻修士課程修了
2000年3月 東京大学大学院工学系研究科 地球システム工学専攻博士課程修了,博士(工学)
2000年10月 広島大学工学部第四類 助手
2014年4月 広島大学大学院工学研究科エネルギー環境部門 准教授
2020年4月 現職

開催日時・場所

 Camps会場+オンライン(Zoom)開催

  • 日時:2020年10月15日(木曜日)16時00分~17時00分 ※申込期限:2020年10月13日(火曜日)
  • 会場:イノベーション・ハブ・ひろしま Camps
    (広島市中区紙屋町1-4-3 エフケイビル1F)
    ※会場参加には事前にCampsの会員登録が必要です。先着20名とさせていただきます。
  • オンライン:Zoomでご参加ください(定員:80名)
    ※オンラインでの参加者には当日までに,Zoomミーティングへの招待メールをお送りいたします。

対象者

  • リモートセンシングに関心のある方

  • 環境や地質のセンシングに関心のある方

  • イノベーションに興味のある方

お申込み

こちらの申込フォームよりお申し込みください。

案内チラシ

チラシ (PDFファイル)(466KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする