このページの本文へ
ページの先頭です。

平成25年11月26日(火曜日)東京で「瀬戸内の食」秋の賞味会を開催しました

印刷用ページを表示する掲載日2013年11月26日

 8時から,東海大学校友会館で開催された,県選出の国会議員に対して行う,国の来年度予算編成等に向けての提案説明会に出席しました。説明会では,現在,大胆な金融緩和,機動的な財政対策など,いわゆるアベノミクスの推進により,景気回復に向けた明るい兆しが生まれており,本県の景気動向についても,輸出関連大手企業の収益を押し上げるなど,全体として緩やかに回復しつつありますが,業種や企業規模によって依然バラツキが見られ,景気回復の効果が十分に及んでいるとは言えない状況にることから,産業競争力の維持・強化対策の充実,経済を支えるインフラの整備等,地方交付税の安定的な確保などについて提案し,合わせて,活発な意見交換を行いました。

 251126251126-1

 18時,東京都渋谷区広尾のリストランテ「アクアパッツア」で「瀬戸内の食」秋の賞味会を開催しました。春に続いて2回目となるこのイベントは,瀬戸内の豊かな食材とその料理の浸透,瀬戸内の食のブランド化などを目的として,この会を通じてその魅力を広く発信するために開催しています。今回はホスティングシェフとして,会場を貸していただいた日高良美シェフ,山口仁八郎シェフ,ジュリアンベルクシェフ,ジャニスウオンシェフ,大森一憲シェフ,寺田真紀夫シェフにご参加いただき,瀬戸内の食材を使用したメニューを創作いただきました。約40名の方にご賞味いただきましたが,「瀬戸内」を感じながら味わっていただけたと思います。ホスティングシェフの皆様,本当にありがとうございました。

251126-3251126-4251126-5251126-6251126-8251126-7

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする