このページの本文へ
ページの先頭です。

平成22年12月6日(月曜日) 新規学卒者等への就職支援に全力で取り組みます

印刷用ページを表示する掲載日2010年12月6日

 13時から,私が本部長を務める県産業・雇用対策本部会議を開催し,緊急経済・雇用対策に係る12月補正予算案を,今後の取組として決定し,9月開会の12月定例県議会に補正予算案として提案することとしました。

 また,「新規学卒者に対する就職支援」について,来年春に高校,大学を卒業される方も含め,現在就職活動を懸命に行っている,高校生や大学生などが,一人でも多く就職できるよう,広島労働局や関係団体と連携を図りながら,引き続き,全力で取り組むこと。これから年末年始を迎えるため,中小企業者に対する資金繰りの確保や,離職者対策について,市町や関係機関とも連携し,必要な対策について準備を進めること,などを本部員に指示しました。

県産業・雇用対策本部員会議

 15時半,平和公園復元映像製作委員会の田邉雅章代表がお越しになりました。田邉さんは,原爆投下前に平和記念公園の地に存在した街並みなどをコンピュータグラフィックスなどを活用して復元するプロジェクトを推進されています。

 「ヒロシマからの伝言~原爆で失ったもの」は,爆心地復元に取りかかって13年の田邉さんの集大成です。私も拝見させていただきました。田邉さんは被爆75年目となる2015年に向けて,また新たなプロジェクトを検討されているそうです。「この地で何が起きたかを伝えなければ」という強い思いで活動されている田邉さんの取組を応援したいと思います。

田邉氏訪問CGで原爆投下前の街並みを再現

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする