このページの本文へ
ページの先頭です。

平成22年1月24日(日曜日) [「天皇盃 第15回ひろしま男子駅伝」でスターターをしました

印刷用ページを表示する掲載日2010年1月24日

 10時過ぎ,コカ・コーラウエスト広島総合グラウンドで,「天皇盃 第15回ひろしま男子駅伝」の開催にあたり記念植樹が実施されました。財団法人日本陸上競技連盟の河野洋平会長,中国新聞社の山本治朗社主,財団法人広島陸上競技協会の亀井郁夫会長と月桂樹に鍬入れをしました。河野会長は挨拶で,植樹した月桂樹が成長した時には,ひろしま男子駅伝優勝チームの冠の材料にしたいと話されてました。

ひろしま男子駅船記念植樹写真1ひろしま男子駅船記念植樹写真2

 駅伝スタートまでの時間を利用して,駅伝発着点に近い平和記念公園南側の「ふるさとひろば郷土料理コーナー」に行ってみました。好天気に恵まれたこともあり,多くの人出で賑わっていました。広島の「お好み焼き」,島根の「ぼたん鍋」をいただきました。

郷土料理コーナー 広島「お好み焼き」写真1郷土料理コーナー 広島「お好み焼き」写真2

郷土料理コーナー 島根「ぼたん鍋」写真

 12時半,いよいよ駅伝スタートです。張り詰めた緊張感の中,無事スターターの役を終えました。広島県チームをはじめ,各都道府県代表チームの皆さん,初の天皇盃獲得を目指して健闘をお祈りします。

ひろしま男子駅伝スターター写真1ひろしま男子駅伝スターター写真2

 15時50分から国際会議場でひろしま男子駅伝の表彰式がありました。優勝は,3年ぶり3回目の兵庫県チーム。財団法人日本陸上競技連盟の河野洋平会長から初の天皇盃が授与されました。私からは広島県知事杯を授与させていただきました。第1回大会以来の優勝が期待された地元・広島県チームは第4位。惜しくも優勝にあと一歩でしたが,4年ぶりの入賞を果たす大健闘でした。選手,監督,そして大会運営に携われた関係者の皆さん本当にお疲れ様でした。

優勝した兵庫県代表チームに天皇盃写真4位入賞を果たした地元・広島県代表チーム写真

大会関係者の皆さんへ挨拶写真

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする