このページの本文へ
ページの先頭です。

平成22年1月14日(木曜日) 広島県特産物「広島かき」は出荷最盛期です

印刷用ページを表示する掲載日2010年1月14日

 9時半,広島~成田・仙台線を共同運航しているアイベックスエアラインズ株式会社(IBEX)の服部社長と全日本空輸株式会社(ANA)広島支店の永山支社長から来年度の運行計画について説明いただきました。現行1日1往復の広島~成田便が,来年7月から2便化されるとのうれしい報告です。成田発が夕方となる米西海岸便等のダイヤにあわせたものになり,ビジネス利用の面でもメリットが出てきそうです。私からは現行1日1往復の仙台便を2便化し,広島,仙台双方から利用しやすいダイヤにしていただくようお願いしました。

 広島~成田便の2便化について報告写真

10時,都道府県対抗駅伝組織委員会の竹林良典さんがお越しになりました。今月24日(日曜日)開催の第15回全国都道府県男子対抗駅伝のスターターを私が務めさせていただくことになり,その練習を行ないました。今年の広島県代表は,社会人,高校生,中学生と力のあるメンバーが揃っています。選手の皆さんの健闘をお祈りします。

都道府県男子対抗駅伝のスターター練習写真1都道府県男子対抗駅伝のスターター練習写真2

 13時過ぎ,広島県漁業協同組合連合会の山本勇二会長,かき生産者代表の地御前漁業協同組合の黒田勝敏組合長から,出荷の最盛期を迎える本県の特産物「広島かき」の生産状況やさらなる「広島かき」の発展に向けた取組について報告いただきました。「SELLひろしま」,私もできる限りの協力をしていこうと思います。

「広島かき」の生産状況について報告写真1「広島かき」の生産状況について報告写真2

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする