このページの本文へ
ページの先頭です。

令和4年6月30日(木曜日)広島サミット庁内連絡会議を設置しました

印刷用ページを表示する掲載日2022年6月30日

10時,広島サミット庁内連絡会議をオンラインで開催しました。
先月末,来年,日本で開催されるG7サミット(主要国首脳会議)の広島開催が決定しました。一昨日には,岸田総理から,開催日の発表があり,名称も「広島サミット」に決定したところです。広島サミットに向けた第一歩が始まったと実感しています。
県では,本日,全庁が一体となって取組を進めていくため,「広島サミット庁内連絡会議」を設置しました。
今後は,広島市などと調整している「広島サミット県民会議(仮称)」を設置し,会議開催支援や歓迎機運の醸成に加え,サミットを安全・安心で円滑に実施するための環境整備,それから,サミットを契機とした広島の発信,さらには,国際平和の実現に向けた広島サミット開催意義の発信を進めていくこととしています。
広島サミットを確実に成功に導く必要があります。広島市や,「広島サミット県民会議」と連携しながら,これらの取組を着実に行い,万全の準備を進めていくため,各委員に協力をお願いしました。
12

14時50分,大崎上島町との県・市町連携会談に出席しました。
今回の会談では,現地視察として,藻類からの燃料生産を研究開発されている「IMAT」(一般社団法人日本微細藻類技術協会)様,ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社様のレモン自社栽培農園,そして地元の高校生が運営に参画するカフェ「ミカタカフェ」を見学いたしました。
その後,高田町長や大崎上島町の職員の皆さんと,「ゼロカーボンシティの取組について」および「DX推進について」のテーマで意見交換を行いました。
大崎上島町では,様々な活動が前進しており,ゼロカーボンやDXといった新たな課題にも取り組んでいらっしゃいます。県としても,全面的にお支えしながら,町の取組が進んでいくよう,引き続き努力してまいりたいと思います。
高田町長を始め大崎上島町の皆さん,本日はありがとうございました。
【現地視察の様子】
111213
【意見交換の様子】
1516

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする