このページの本文へ
ページの先頭です。

令和4年5月30日(月曜日)カルビー株式会社と包括的連携に関する協定を締結しました

印刷用ページを表示する掲載日2022年5月30日

11時00分,カルビー株式会社との包括的連携に関する協定の締結式に出席しました。
平成21年度から,県民の皆様へのサービス向上に向けて,企業や大学との包括連携協定の締結を進めています。こうした中で,広島創業であるカルビー様との協定を締結できたことは,大変意義深いことと感じています。
カルビー様は,これまでも,創業の地である広島県において,様々な分野で事業活動や地域活動を進めていただいており,改めて感謝申し上げます。
また,この度,県内に最新鋭の工場を建設することを決定され,令和6年に操業を予定されています。本県への新たな投資や,更なる地域貢献を進めていこうとしていただいており,重ねてお礼を申し上げます。この協定締結を契機として,これまで以上に連携を深め,更なる県民サービスの向上と地域社会の活性化につながる取組を進めてまいります。
1234
16時40分,一般社団法人広島県観光連盟の令和4年度通常総会に出席しました。
観光連盟会員の皆様におかれては,本県及び観光連盟の観光施策の推進に多大な御支援,御尽力を賜り,厚くお礼申し上げます。
本県の令和2年度の総観光客数は,4,207万人と前年度から約2,500万人減少し,観光消費額についても,2,745億円と,約1,600億円減少しています。令和3年度においても,推計値ではありますが,観光客はさらに減少することが見込まれるなど,新型コロナウイルスの感染拡大の影響により,本県の観光産業にとって,大変な痛手を受け,厳しい状況が続いていることろです。
県としては,落ち込んだ観光需要の早期回復に向け,現在,県民の皆様を対象に実施している「やっぱ広島じゃ割」の対象を,6月1日から中国・四国地方の各県に拡大し,更なる誘客促進を図るとともに,アフターコロナを見据えた本県のこれまでの取組を,発展,加速してまいります。
また,先日,来年のG7サミットの広島での開催が決定いたしました。この機会を逃さず,広島の魅力を世界にアピールすることにより,国内外からの誘客の促進,更には本県経済の活性化につながるものと大いに期待しているところです。
観光連盟の皆様には,今後とも,力強い御支援,御協力をいただき,本県の観光産業の振興,広島県の発展に,より一層の御尽力を賜りますようお願い申し上げます。
1

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする